2022年07月02日

フェルトキルヒ市街散策

セーヴェレン村 Sevelen での滞在最終日ですが、前夜未明に雷雨となり、今朝も雨です。
コロナ禍による入国規制も解消したので、隣国のオーストリアの街へ出掛けてみました。

P1004277.jpg
バスでブックス駅 Buchs へ出て、駅の自動販売機でリヒテンシュタイン・バスの全ゾーン1日乗り放題切符 Tageskarte(半額カードで1人7フラン)を買いました。駅前からリヒテンシュタインのシャーン Schaan 行きのバスに乗り込みます。シャーン駅で乗換えかと思ったら、乗っていたバスがフェルトキルヒ Feldkirch 行きに変わってそのまま出発しました。

P1004278.jpg
国境の税関を越え、フェルトキルヒの旧市街の入口、カッツェントゥルム Katzenturm(=猫の塔)停留所で下車しました。

P1004281.jpg
マルクト(市場)広場。写真左のドラッグストア「dm」でスナック菓子等を、近くの同「BIPA」では安売りされていた電動替え歯ブラシを買いました。買物しているうちに雨が止みました。

P1004283.jpg
マルクト広場の南端にはヨハンニター教会 Johanniterkirche(写真左)が建っています。

P1004284.jpg
ヨハンニター教会の内部。アート作品等の展示場として利用されているようです。

P1004290.jpg
旧市街から見上げるシャッテンブルク城 Schattenburg。

P1004292.jpg
市庁舎 Rathaus。現役の市役所として使われているようでした。

P1004294.jpg
市庁舎の斜め向かいに建つ聖ニコラウス大聖堂 Dompfarrkirche St. Nikolaus。

P1004299.jpg
大聖堂の内部。

P1004302 (2).jpg
ステンドグラスが綺麗でした。

P1004304.jpg
葡萄畑になっている北側の斜面を登り、ヴィルトパーク Wildpark(野生動物公園)へ行きました。

P1004306.jpg
小山の上は高級住宅街という趣き。シャッテンブルク城も下に見えます。

P1004307.jpg
ヴィルトパークの入口近くの柵内にいたシャモワ(ゲムゼ)。

P1004310.jpg
隣には大きな角を持つシュタインボック。カミさんは「山で野生のを見るなら嬉しいけど…」と余り納得がいかない様子(苦笑)。

P1004311.jpg
大きなイノシシもいました。

P1004314.jpg
白いロバも。

P1004316.jpg
シカは最も広い敷地を与えられていました。姿を確認できませんでしたが、ニホンジカも飼われているようです。

P1004318.jpg
旧市街へ戻り、南側のトンネル脇の階段を登ってシャッテンブルク城へ。

P1004319.jpg
シャッテンブルク城の入口から見下ろす旧市街。

P1004325.jpg
城の中庭に面したレストランへ入りました。

P1004323.jpg
生ビールが0.5ℓで4.30ユーロという嬉しいお値段。後で調べたら、名前どおりブレゲンツァーヴァルトのエック村で造られているビールでした。旨かったので私は2杯いっちゃいました。

P1004324.jpg
長さ30pの特大シュニッツェル(カツレツ、サラダ付きで17.50ユーロ)を頼んで2人でシェアしました。ウェイターが「2人で1人前だけ?」と悲しそうな表情をして「ポム・フリも如何ですか?」と言うので頼みました(4.90ユーロ)。でもやはりシュニッツェルは2人でシェアしても満腹でしたね。スイスのレストランに比べれば料金は半額に近く、大満足のランチでした。

P1004327.jpg
レストランを出たら再び雨が降ってましたが、城内の博物館(入場料1人8ユーロ)を見学している間に小雨になりました。

P1004338.jpg
フェルトキルヒ駅へ。駅舎は一部工事中のようでした。

P1004341.jpg
駅前のスーパー「ビラ BILLA」で夕食の食材と明朝のパンを買いました。スイスと余り変わらない値段のものも多い印象でしたが、肉類や卵は格段に安かったです。

P1004340.jpg
駅前のバスターミナルからサルガンス Sargans 行きのバスに乗り、リヒテンシュタインの首都ファドゥーツ Vaduz でセーヴェレン行きのバスに乗り換えて帰りました。