2021年06月24日

ガルデーナ峠へ周回ハイキング

今日も晴天なので、交通機関を利用しないハイキングに出掛けました。
次第に大胆になっている自分が恐ろしいですが、ここまでカミさんともども体調には全く問題ないので、イタリアの皆さまにご迷惑をお掛けすることは無いかと…。

P1019473.jpg
セルヴァ村 Selva Val Gardena の東外れにあるダンテルチェピエス Dantercepies 行きゴンドラリフト乗場。この脇を通って登り始めます。裏手の牧草地では農家の方が牛糞を鋤で広げていました。ご苦労さまです…。

P1019485.jpg
ゴンドラリフトのケーブルに沿ってスキーゲレンデを登っていきます。「12A」のハイキングコースです。

P1019494.jpg
森林限界まで登った辺りにベンチがあったので暫く休憩しました。写真左のサッソルンゴの手前にピッツ・セッラとチャンピノイ、中央奥にシリアール(シュレルン)山塊、その右にシウージ高原が見えています。

P1019510.jpg
チール連峰を間近に眺められるレストラン「パノラーマ Panorama」。ディルンドル姿のお姉さん(いえ、よく見れば小母さん)が応対をしていて惹かれましたが、残念ながら当然素通りです。

P1019511.jpg
レストランの前には気持ちの良さそうな草地の広場がありました。ゴンドラリフトのケーブルの下を潜り、正面の尾根に登ります。尾根の上に見える建物がダンテルチェピエス小屋(ゴンドラリフトの終点)です。

P1019506.jpg
周辺の草原はタマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、キュウキンカ等の草花で黄色く染まっていました。

P1019522.jpg
チール連峰の尖峰群。

P1019530.jpg
尾根の上まで登ってきました。正面に見えるダンテルチェピエス小屋までは行かず、その手前の分岐を右折して654番のハイキングコースに入ります。

P1019528.jpg
尾根から西に見下ろすセルヴァ村。左はゴンドラリフトの中間駅で、右がレストラン「パノラーマ」です。

P1019538.jpg
654番のコースに入ると、迫力あるセッラ山塊がどーんと正面に。

P1019542.jpg
トッレ・デ・ムルフレイトの岩塔とクレア谷(左)のズームアップ。

P1019540.jpg
ガルデーナ峠 Passo Gardena(写真左)に向かって緩やかに下ります。セルヴァ村から峠まで約2時間でした。峠に建つフラーラ小屋 Berghaus Frara の裏手に小山があり、そこのベンチで持参した手作りサンドウィッチを食べました。

P1019556.jpg
フラーラ小屋の裏手から眺めるガルデーナ峠のバス停付近。峠からもチェアリフト「チール Cir」がダンテルチェピエス小屋(写真右上)へ上っています。

P1019558.jpg
ガルデーナ峠の北側に並ぶチール連峰。右の山裾に見える建物がジミー小屋です。

P1019559.jpg
東側にはファーネス山塊やトファーネ山塊が見えました。眼下の家並みはコルヴァーラ村でしょう。

P1019564.jpg
セッラ山塊の北麓を西へ緩やかに下って帰路につきます。

P1019560.jpg
フウロソウの花を撮ってみました。

P1019574.jpg
サッソルンゴを正面に眺めながら歩いていきます。

P1019585.jpg
樹林帯へ入る手前の牧畜小屋前で小休止。

P1019584.jpg
セッラ山塊の北壁を流れ落ちる滝のズームアップ。

P1019591.jpg
森の中へ入ると急坂の下り道が続いて少し足に来ましたが、プラーン Plan の集落(写真)へ無事到着。そこから川沿いの車道脇を歩いてセルヴァ村へ戻りました。ガルデーナ峠からの帰路は2時間弱でした。

posted by おーと at 23:26| Comment(3) | ガルデーナ谷(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様、おはようございます。
絶好のハイキング日和でしたねー。だんだんと大胆になって行くおーと様におののきながら(笑)、私も妄想ハイキングを楽しませていただきました。何年後なのかもわからない自身のドロミーティ散策の為に(笑笑)地理関係をお勉強しながらニヤニヤ…。
https://www.dantercepies.it/
地図を見てみましたら、なんと標高差750m以上もあるじゃないですかー!(奥様のS的なご指摘を浴びたのではと、ヒヤヒヤ&笑)それにしてもあまりの素晴らしい眺めに大歓声をあげずにはいられませんでした。タマキンバイも美しく咲き誇り、おーと様ご夫妻を祝福しているかのようで嬉しくなりました。サッソルンゴも全景バッチリ!嗚呼!幽体離脱してワープして行きたいです。楽しいひとときをありがとうございます。
Posted by なおなお at 2021年06月25日 06:21
なおなおさま、やっぱりここまで出歩いてるのはマズいですかねぇ(笑)。ゴンドラリフトや路線バスで行ける場所なので歩いている人は少なくて、前日のヴァルルンガより肩身の狭い思いをせずに済んだんですが…。
地図をよく見ていなくて、ガルデーナ峠との単純比較で標高差600mと考えていましたが、その手前の尾根が標高2,200m余りありましたから、約700mの標高差を登り下りしたことになります(ダンテルチェピエス小屋までは登っていません)。ただ、最後の樹林帯の下りを除けば余り急なところは無くて歩きやすい道で、カミさんもストックを使わず歩き通しました。お叱りを受けなかったのは景色に助けられた面もあるでしょう。今朝の筋肉痛の状況次第ではお小言があるかも知れません…(苦笑)。
Posted by おーと at 2021年06月25日 11:11
写真を12枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年09月24日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: