2021年06月25日

チャンピノイに登る

今日は午後に雨になるとの予報でしたので、貸アパートを朝7時半に出発しました。
目指すのは、アパートのバルコニーからもよく見える、チャンピノイ Ciampinoi の山頂です。
セルヴァ村 Selva Val Gardena からゴンドラリフトが通じている山ですが、自己隔離中の我が家は乗れませんので、全行程徒歩です。

P1019601.jpg
セルヴァ村の郵便局の裏手から27番のハイキングコースで登りました。写真は登り始めたところから見下ろしたセルヴァ村。手前がニヴェス広場 Piazza Nives で、背後の岩山はステヴィアです。

P1019608.jpg
途中でゴンドラリフトのケーブル下を潜ります。

P1019618.jpg
大半は四輪車が通れる幅の道で歩きやすかったですが、山頂直下は急坂で疲れました。

P1019627.jpg
山頂直下から北に見下ろすセルヴァ村。その後方の草原の頂がステヴィア山で、背後にギザギザのオードレ(ガイスラー)山塊が見えてきています。ステヴィア山の右手前の谷がヴァルルンガ(ランゲンタール)で、写真右端がチール連峰です。

P1019631.jpg
山頂の東に延びる尾根まで登ると、南にセッラ峠方面が眺められました。左がセッラ山塊、右奥の頂がコル・ロデッラです。

P1019650.jpg
2時間で山頂に到着。ゴンドラリフト駅に隣接したレストランの屋上が広い展望台になっています。サッソルンゴが近いです。

P1019643.jpg
山頂展望台から北東に眺めるチール連峰。その手前の尾根に建つダンテルチェピエス小屋の近くまで前日に登りました。写真右がガルデーナ峠です。

P1019656.jpg
北西側に見下ろすガルデーナ谷。左奥がオルティゼーイの町で、日蔭になっている右手前がサンタ・クリスティーナ村です。オルティゼーイの左がシウージ高原、右がレシェーザの尾根。

P1019658.jpg
少し離れた場所に十字架の建つ頂がありました。地図を見ると標高2,256mで、山頂駅より2mだけ高いようです。背後はセッラ山塊。

P1019662.jpg
十字架の建つ頂から見た山頂駅方面。

P1019674.jpg
チャンピノイ山頂から南斜面を下り、ピッツ・セッラ(写真右上)との間にある鞍部、セッラ・ティエーヤ Sella Tieja(ティーヤザッテル Tiejasattel)へ。

P1019678.jpg
「21A」のハイキングコースに入り、ピッツ・セッラの西側を巻くようにしてサッソルンゴに近づいていきます。この道はセッラ峠方面へ向かうハイカーが沢山歩いていました。

P1019686.jpg
道端の草花の種類が多くて楽しめました。このチョウノスケソウは花が大きかったです。

P1019689.jpg
お馴染みのエンツィアンも幾つもの種類が咲いてました。

P1019692.jpg
コケマンテマ。

P1019697.jpg
エミリオ・コミーチ小屋 Rifugio Emilio Comici。ここでセッラ峠方面への道を分け、下り道に入ります。

P1019705.jpg
ピッツ・セテウル Piz Seteur のゴンドラリフト駅が近づいてきました。

P1019708.jpg
ゴンドラリフト駅前のベンチでサッソルンゴを眺めつつ、持参したおにぎりを食べました。ここからマウンテンバイクで下って行く人が多かったです。

P1019712.jpg
スキーゲレンデを下ります。正面がガルデーナ峠で、右がセッラ山塊です。

P1019719.jpg
プラーン・デ・グラルバ Plan de Gralba へ下山。ここからバスも出ていますが、自己隔離中の我が家は川沿いの遊歩道を辿ってセルヴァ村まで歩きました。南へ大きく周回して下ったこともあり、チャンピノイ山頂からセルヴァ村までの帰路も約2時間でした。
スーパーで買物してから正午過ぎに貸アパートへ戻りましたが、14時頃から激しい雨になりました。早めに戻れて良かったです。

posted by おーと at 22:35| Comment(5) | ガルデーナ谷(イタリア)
この記事へのコメント
おはようございます。blog投稿、ありがたく拝見しています。
朝早くからのハイキング、それも標高差700mあまりもありますから歩き甲斐がありましたでしょう。(奥様の筋肉痛は大丈夫でしたか? 笑)連日のハードハイクで筋肉も嬉しい(?)悲鳴をあげていることでしょう!通常であればロープウェイで軽々と高地にひとっ飛びですけれど、ご自分の足をだけが頼りのハイキングは、感動もひとしおかと思います。サッソルンゴが至近距離でそびえていて、羨ましい限り。チョウノスケソウの可愛らしい姿に引き込まれます。コースがキレイに整備されているので、マウンテンバイクでヒューンと下れたら楽ちんで気持ち良さそうだと思いました。まだまた先は長〜いですから、体力と相談されながら楽しんで下さいねー。隔離についてはどこまでOKで、どこからがOUTなのかがはっきりしませんし、是非を確かめたらやぶ蛇になりそうですし…。お天気ならば、目の前のご馳走に指を咥えているのもツライですから、悩ましいですよね。あと4日間が終われば晴れて『自由の身』。待ち遠しいです。
Posted by なおなお at 2021年06月26日 08:59
なおなおさま、毎度ご覧いただきありがとうございます。お蔭さまでカミさんの筋肉痛は今のところ酷くないようです。よく整備された道が多いからだと思います。本格的な夏のハイキングシーズンを前に、バラスを撒いたり重機で凹凸を均したり案内標識を立てたりしている作業員を多く見掛けます。道の分岐点に標識が無かったりして、スイスほど分かりやすくはない印象ですが、コースの整備は充分に行われています。昨日下ったスキーゲレンデは道の部分だけ草が短く刈り込まれていて、砂利道よりずっと歩きやすかったです。
昨日は夕暮れまで雨が降り続きました。明け方のサッソルンゴを今見たら、頂上付近にうっすらと新雪が積もっているようです。雨が上がってちょっとひんやりした朝になっています。
Posted by おーと at 2021年06月26日 11:58
ゴンドラものともせず、登って行く気力と体力に敬服します。我々には到底できない技です。6月に咲き誇るチョウノスケソウの群落は見事ですね。理想的な定年後の生活の一歩を見事に歩み始めて素晴らしいことだと思います。
それにしても、ネットのお陰で現地の状況が刻々と伝わって来て便利な世の中になりました。
Posted by 和田 力 at 2021年06月26日 14:53
和田力さま、全くおっしゃるとおりで、我が家も皆さまから日々コメントを頂戴できるので、異国に滞在している心細さを感じません。ありがたいことです。
チャンピノイに歩いて登る方は少ない印象でした。セルヴァ村からゴンドラリフトで上り、セッラ峠までハイキングしてからバスかリフトを乗り継いで下山するのが一般的だろうと思います。
Posted by おーと at 2021年06月27日 00:55
写真を10枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年09月25日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: