2021年07月17日

「ピサの斜塔小屋」に登る

ファッサ谷での滞在最終日です。今日も不安定なお天気との予報ですが、朝は青空が広がっていたので、早めに出て早めの帰宅を目指しました。

P1022650.jpg
8時少し前にバスに乗り、前日に行ったプレダッツォ村 Predazzo の手前で下車。ここには大きなスキージャンプ台があります。2013年に男女混合団体で日本チームが優勝、女子個人で高梨沙羅選手が2位に入り、2003年には男子個人で葛西紀明選手が3位になった場所だとの顕彰掲示板が掛かっていました。

P1022651.jpg
ジャンプ台の隣がゴンドラリフト乗場で、これに乗り込みます。

P1022656.jpg
ゴンドラリフトは森林限界付近の山腹に到着します。山上駅の近くにレストラン「ガルドネ小屋 Rifugio Gardoné」が建っています。

P1022658.jpg
近くの乗場からチェアリフトに乗り継ぎます。

P1022682.jpg
フェウド峠 Passo Feudo に到着しました。南東側にチーマ・ディ・チェーチェをはじめとするラゴライ山群の峰々が並んでいます。周囲が広々とした草原で気分の良いところでした。
山麓駅ではフェウド峠を「Latemar 2200」と称してました。ラテマール山塊の海抜約2,200mの中腹までお運びします、ってことなんでしょう。

P1022683.jpg
ここにもレストラン「フェウド峠小屋 Baita Passo Feudo」があります。

P1022672.jpg
フェウド峠から西に眺めるツァンゲン(パーラ・ディ・サンタ)山(2,488m)。その左後方にブレンタ山塊が遠望できています。左手前の谷底はスターヴァ谷のパンペアゴで、写真右端の鞍部がパンペアゴ峠(ライターヨッホ)です。

P1022671.jpg
ブレンタ山塊のズームアップ。

P1022690.jpg
フェウド峠から北へ緩やかに登り始めます(516番のコース)。写真は途中で振り返って撮ったもので、中央の鞍部がフェウド峠のチェアリフト駅とその左にフェウド峠小屋。後方(峠の南側)はモンテ・アニェッロ(2,358m)です。

P1022688.jpg
アニェッロ山の左後方に見えるチーマ・ダスタ(2,847m)のズームアップ。

P1022680.jpg
行く手には目指すトッレ・ディ・ピーザ小屋 Rifugio Torre di Pisa(ラテマール小屋 Latemarhütte)がハッキリ見えました。岩山の上ですが、目標が見えているというのは安心感がありますね。

P1022694.jpg
草原に咲くゲンティアナ・プンクタータ。

P1022696.jpg
登り道の途中でカミさんが今日もエーデルワイスを見つけました。「咲いていそうな場所が分かるんだよね」と豪語しておりました。黄色いアルプスヒナゲシも沢山咲いていました。

P1022783.jpg
この花も多く見掛けましたが、名前をご存じでしょうか?
⇒ 和田力さまからツヴェルク(=ドワーフ)・アルペンローゼ(ロドタムヌス・カマエキストゥス)だとお教えいただきました。ありがとうございました。

P1022698.jpg
ケルンのような石造りのモニュメントがある分岐点。ここから本格的な登り道になります。左手の22番のコースを選んで山腹をトラバースすれば、ゴールのチェアリフト乗場まで楽に歩けただろうと思います。

P1022722.jpg
トッレ・ディ・ピーザ小屋の直下まで登ってきました。

P1022725.jpg
トッレ・ディ・ピーザ小屋(海抜2,671m)に到着。フェウド峠から約1時間15分で着き(案内標識に書かれていた所要時間は1時間半)、ここまでは順調でした。

P1022740.jpg
未だ時間帯が早いので、料理人と思しき親父さんがテラスでタバコを吸い、可愛いお姉さんが準備作業に勤しんでました。写真右のアニェッロ山の左奥の谷底に、前日に行ったプレダッツォ村が見えていますが、やはり急速にお天気が悪化してきました。

P1022726.jpg
山小屋から東に眺めるチーマ・フェウド。

P1022729.jpg
北側の眺望。写真右がラテマール山塊の本峰群です。

P1022748.jpg
山小屋から北へ少し進むと、こんな岩山が並んでいます。左から2番目の岩峰がピサの斜塔に似ていることから、山小屋が「ピサの塔小屋」と名付けられたようです。

P1022750.jpg
「ピサの斜塔」の近くに、こんな奇岩もありました。岩のブロックを積み重ねたような感じですね。

P1022762.jpg
山小屋から先は残雪もある険しい道が続き、雨も降ってきてしまいましたが、反対側から来る多くのハイカーと擦れ違ったので、道が分かりやすく、また心強くもありました。分岐を左折して18番のコースに入り、フォルチェッラ・デイ・カモーシ Forcella dei Camosci(ガムスシュタルシャルテ Gamsstallscharte=カモシカ峠)を越えます。

P1022767.jpg
岩峰に囲まれた谷を抜けると…

P1022770.jpg
急坂の下りが待っていました。写真左下へ下っていきます。

P1022772.jpg
写真右上の方から下ってきました。

P1022781.jpg
眼下にオーバーホルツ Oberholz のチェアリフト駅が見えてきました(写真中央手前)。その後方はエピルヒャー・ラーナー・アルムのゴンドラリフト駅で、どちらのリフトも写真右に見えるオーバーエッケン村 Obereggen へ下っています。幸いにこの辺りで雨が止みました。

P1022790.jpg
オーバーホルツのチェアリフト駅の上手に木製の展望テラスがあり、ここから見える山々が解説してありました。お天気が良ければエッツターラー・アルペンやシュトゥーバイアー・アルペンの高峰群も遠望できるようです。トッレ・ディ・ピーザ小屋からここまで約2時間半かかりました。

P1022797.jpg
展望テラスの隣に立派なベンチがあり、そこでサンドウィッチの昼食を摂りました。このベンチ、土台が回転するので、好きな方向に向いて座ることができます。

P1022803.jpg
オーバーホルツのチェアリフト乗場。すぐ下にスタイリッシュなレストランがありました。

P1022807.jpg
チェアリフトに乗り込んでオーバーエッケン村へ下ります。

P1022812.jpg
オーバーエッケン村。写真中央の建物の裏手に見えるのが下ってきたチェアリフトです。ここからバスをビルヒャブルック Birchabruck(ポンテ・ノーヴァ Ponte Nova)で乗り継いでヴィーゴ村 Vigo di Fassa まで帰りました。(オーバーエッケン〜ビルヒャブルック間はトレント自治県のゲストカードが効かないので、1人1.50ユーロの運賃を支払いました。)
貸アパートに着いたら間もなく雨が本降りになったので、まずまずラッキーな一日だったというところです。

posted by おーと at 04:57| Comment(11) | ファッサ谷(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様
この日も天気予報を睨んで、雨に遭わないように、よい計画で歩かれましたね。複雑なバス路線とケーブルを巧みに乗りこなして素晴らしいと思います。地元の観光業が日本より格段に進んでいることもその原因と思いますが。
Torre di Pisa小屋の近くでまた、エーデルワイスを発見された奥様の眼力に敬意と羨望を感じます。そのそばにあったツツジ科の植物は、英名Dwarf Alpenrose 学名Rhodomthamus chamaecistus と言って和名はありませんが、本家のアルペンローズより清楚で私の好きな花の一つです。行程図はいずれ作りますが、取り敢えず、花の名だけを報告します。
Posted by 和田 力 at 2021年07月17日 08:24
おーと様、おはようございますー。
あーーー!予定していたコースを歩かれたのですね。お天気がいまいちとのことですが青空が見えていてウキウキとブログを拝見しました。『ラテマール小屋→往復かな〜。』『トラバースしてその先の『』までいくのかしらーーー?』と妄想しながら読み進めていくと…。『えーーーっ!あの険しそうなところを下りたんだぁ!』とびっくりしました。曇天ですとよりお花に目が行きますね。またまたエーデルワイス発見にこちらまで嬉しくなりました。奥様〜良かったですね!(嬉)野生のエーデルワイス、見たことがないので羨ましくて仕方がありません。(枯れてへにょへにょの状態しか見たことがありません。ピンクのお花はアルペンローゼの仲間なのですか。葉っぱが雨に濡れて生き生きしていますね。(植物にとっては恵みの雨)トッレ・ディ・ピサ小屋(ラテマール小屋)は真新しくて綺麗ですね。石積み+木で構成された外壁のデザインの美しさにうっとりします。何年かたって時を経て木部が黒く日焼けしてきたら重厚感が出るだろうな〜とまたまた勝手に妄想タイム……。
https://goo.gl/maps/SVMfNSTFfKWnSzn68
左上の石の積んであるスペースには何かできるんだろう?…『奇石』面白いな…え!まさか!!!ここを下るの???…そのまさかでした。(笑)凄い険しいじゃないですかーーー。
https://goo.gl/maps/YXF63pzUjVYE8NUL9
どの辺りを下ったのかとドキドキしてしまいました。(残雪があったとのことでしたので、『三行半』がヒラヒラと見える幻覚に襲われました。笑)どこまで行くのーーー?と思っていましたら、当初計画通りにLatemar 360°のそばまでハイキングしたのですね!素晴らしいですーーー。(拍手&クラッカーパンパンっ)オーバーホルツのチェアリフト駅のそばのレストラン、山の上とは思えない豪華な造りで呆気にとられました。
https://oberholz.com/wp-content/uploads/2017/05/DSC0174-1400x596.jpg
斬新すぎて(?)度肝を抜かれました。昼食場所の回転ベンチ!座りたいです。(一瞬、妄想ワープして座っています。おっ!背もたれも高くてよいわぁ〜笑)ビルヒャブルック(ポンテ・ノーヴァ)でバスを乗り継いで…どこどこ?あーーーこんなバス路線があるんだ!ふむふむ。カレッツア湖前を通るのですね。和田様も仰っておられましたがおーと様の巧みな計画力と観光業の底力が素晴らしいですね。今日は移動日ですねシュランダースス村は標高が721mなのですね。高地の涼しさに体が慣れていると暑く感じるかもしれませんが、食前に出した焼きのりが食べるときには湿気ている日本とは違い、カラリと爽やかな風なのだろうな〜。私の住む辺りは、今日も明日も最高気温32度の予想です。(ふぅ〜っ。)
Posted by なおなお at 2021年07月17日 09:25
和田力さま、花の名前をご教示くださり、ありがとうございます。アルペンローゼの仲間なんですね。
この日は雨に結構降られましたけど、短時間だったのでずぶ濡れになった訳ではなく、まぁ良かった方かと思います。
ドロミーティ地方はリフト類が夏も数多く運行されていることに加え、旧オーストリア領の気質なのかバスの本数も多くて時間もかなり正確です。オーバーエッケンからのバスはビルヒャブルックが終点の筈なのに村の中を通り過ぎてそのまま走り続け、ボルツァーノまで直通なんじゃないかと不安になりましたが、村外れに広いバスターミナルがあって、そこで乗り換えできるようになっていました。ボルツァーノ行きもファッサ谷行きも数分の待合わせで乗り換えでき、機能的でした。
Posted by おーと at 2021年07月17日 14:09
なおなおさま、コメントありがとうございます。ピサの塔小屋はチェアリフトを降りるともう見えて、標識でも所要1時間半とあったのでカミさんも登る気になってくれたんですが、本来は岩山部分はピストンして山腹をトラバースすべきところですね。でも歩いてきた急坂を下るのも余り気が進まなかったのと、縦走路を歩いている人が沢山見えたので、「三行半」のリスクを冒して縦走しました。確かに岩場を登り下りする箇所もありましたけど、ハイカーの多い道はそれなりによく整備されているので、思ったよりは危険は少なかったですよ(カミさんではなく、あくまで私の感想ですが)。
グーグルマップの位置や画像とは少し違う気がしますが、「ラテマール360°」の展望台は写真の回転ベンチの隣にありました。ガルデーナ谷のコル・ライザーの近くなど、ドロミーティ地方が世界遺産に認定されたことを記念して各地に設置された展望台のひとつじゃないかと思います。ここの展望台は360度を見渡すには少し低すぎますけど…。
お蔭さまでファッサ谷での13泊が無事終了しました。ここのアパートは、Wi-Fiが不安定な(通信速度が遅く、1日に何度か数十分程度繋がらないことがある)ことを除けば、我が家にとってほぼ完璧な居心地でした。次の貸アパートは洗濯機が無いことだけが不便ですが、大家さんはとても親切そうなので期待してます。
Posted by おーと at 2021年07月17日 14:37
おーと様
なおなお様の感想はいつも素晴らしい!
軌跡を2分30秒の動画にしました。
https://youtu.be/PKJXrPJOlJw
Posted by 和田 力 at 2021年07月17日 15:05
おーと様こんばんは。
ファッサ谷での13泊もう修了ですか?
Wi-Fiが不安定とか、我が家も最近そうです。NTTコミニケーションズ必要以上に大人数が使用するからでしょうか?割り増し料金払いましたが、最近は意味が無いのです。
トッレ・ディ・ピサ小屋(海抜2,671m)今日登った大岳山の倍の標高ですもの寒いでしょう。上半分が木造で風情ある建物ですので食事をしてみたいと思います。雪道てトレースが付いていないとか、誰もいない暗い道とかだと不安ですよね。
お天気と睨めっこ、でもこれだけの青空と雪道素晴らしい。
今日登山道で見かけた山ユリと富士山の画像を送りたいと思います。


Posted by ss at 2021年07月17日 23:33
和田力さま、力作をありがとうございます! 相変わらずBGMとのタイミング構成もバッチリで、感動してしまいました。素晴らしいです。歩けて良かったと改めて感慨が湧いてきます。
Posted by おーと at 2021年07月18日 07:19
ssさま、大岳山の写真をありがとうございました。掲示板ブログ(↓)にアップさせていただきました。
http://aruku-swissalps.sblo.jp/article/188851309.html
山の上で雨に降られると寒いですよね。でもこの日は短時間で止んでくれたので助かりました。
なおなおさまからご指摘いただいたとおり、今日から滞在しているシュランダース村は、標高が低いので暖かいです。天気予報によれば、今日の最高気温は26℃。天候の違いもありますが、昨日のポッツァ村に比べれば10℃近くも高いです。でも蒸し暑くはないので、服装を替えれば調節できますね。
ポッツァ村のアパートでWi-Fiが不安定だったのは、アパートの部屋数(=入居者の数)が多いのに、Wi-Fiのアクセスポイントが少なすぎるからじゃないかと推測してます。ここシュランダース村のアパートは小規模なので、Wi-Fiは今のところ快適です。これまではWi-Fiが不安定だったので、撮った写真をクラウドにバックアップ保存することができませんでした。シュランダース村での滞在中にバックアップができるんじゃないかと期待してます。
Posted by おーと at 2021年07月18日 07:41
私も7年ほど前にフェウド峠付近で滑りました。
女房は峠南のゲレンデ(中間部が急斜面)で転倒し、下までずり落ちました。
Posted by Nick at 2021年09月02日 15:03
Nickさま、えっ、奥さまはそれで大丈夫でいらっしゃったんでしょうか?(ご無事であったことを祈ります)
フェウド峠の辺りは広大な草原の斜面で、スキー場としても最適そうに見えましたが、ラテマール山塊自体は手強い山ですよね。
Posted by おーと at 2021年09月03日 06:55
写真を19枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年10月16日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: