2021年07月18日

ヴェノスタ谷へ移動

2週間弱お世話になったポッツァ村 Pozza di Fassa のアパートを片付け、ゴミを近くの集積場へ持っていきました。
(ポッツァ村やヴィーゴ村 Vigo di Fassa はゴミの分別回収が徹底しています。5つの回収ボックスに分けて入れるようになっていて、一部のボックスの蓋は電子錠を使わないと開かない仕組みです。)
鍵をアパート1階の事務所へ返却すると、100ユーロ札をすぐに返してくれて、簡単にチェックアウトが完了。

P1022817_LI.jpg
アパート前の停留所からボルツァーノ Bolzano 行きバスに乗車。このバスは車内に大きなスーツケースも置けるスペースがあり、助かりました。ボルツァーノのバスターミナルは3年半前と違って、鉄道駅の東側に移転していました。駅まで少し近くなって便利になったと思います。

P1022819.jpg
ボルツァーノ駅で今日から滞在するシュランダース Schlanders(シランドロ Silandro)村行きの切符を自動販売機で買おうと思いましたが、イタリア国鉄路線じゃないからでしょう、経路は出てくるのに買えませんでした。窓口は2つしか開いてなくて行列ができていたので、「そうだ、バスと同じSAD社の電車だから、バスターミナルの事務所で買えるんじゃないか」と思い、カミさんに荷物番を頼んで1人でバスターミナルへ戻りましたが、窓口の女性は「駅で買ってください」とつれない返事。結局、駅の行列に並び直し、何とか予定していたメラーノ Merano 行きの電車に間に合いました。

P1022820.jpg
イタリア国鉄と違って、SAD社の電車は綺麗で、車内も静かで良かったです。ところが単線のため、途中駅で擦れ違う電車を待っていて、メラーノ駅への到着が5分ほど遅れました。この程度の遅延なら乗り継ぐ予定のマルス Mals(マッレス Malles)行きは待っていてくれるだろうと思いきや発車してしまった後で、30分後の列車(メラーノ〜マルス間は非電化区間で気動車でした)を待つ羽目になりました。

P1022858.jpg
アパートの大家さんへの電話がなかなか発信できず焦りましたが、何とか遅れることを伝えることができ、シュランダース駅に着いたらご夫婦で出迎えていただけました。駅から近いのですが車で自宅まで運んでいただき、その2階にある貸アパートへ。内装や家具は真新しく、居心地が良さそうです。1階に大家さん経営のカフェがあり、そこのケーキをテイクアウトして遅めの昼食代わりにしました。

P1022834.jpg
アパートのバルコニーからは近くの教区教会が見えます。

P1022845.jpg
我が家が買物に外へ出たとき、車列が賑やかにクラクションを鳴らしながら通り過ぎていきました。教区教会の中に入ってみると、ここで結婚式を挙げられたばかりなんでしょう、座席の端にリボンと花束が飾ってありました。教区教会は大変に大きく、天井のフレスコ画も豪華です。

P1022836.jpg
アパートのすぐ近くにスーパー「Mプライス MPREIS」があり、思ったより品揃えも悪くありませんでした。「Mプライス」は同じ商品を2つ以上買うと安くなる価格設定をしていて、買い過ぎてしまうのが難ですが…(笑)。

P1022837.jpg
シュランダース村内の商店街を東へ通り抜けた先の車道脇にある大型スーパー「エウロスパール EUROSPAR」にも行ってみました。こちらの方が全般的に少し価格が安めですが、距離の差を考えると「Mプライス」でも良いかなと思いました。

posted by おーと at 07:02| Comment(16) | ヴェノスタ谷(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様、おはようございます。
無事、シュランダース村ご到着、おめでとうございます。もお〜大興奮です!だって、気になっていた協会のすぐそばだなんて……。この教会、行ってみたいとGooglemapでシュランダース村を検索していて、いの一番に目を付けていたのです。『アパートのバルコニーからは近くの教区教会が見えます。』この細長〜くて赤いとんがりコーン屋根は!!!もしや!キャー!次の画像の天井の壁画はまさしく憧れの教会じゃあないですかーーー。ちょっと興奮しすぎて、パソコンを打つ手が震えっぱなしです。
https://goo.gl/maps/A6m2RKz8hqpLH57i8
ここで結婚式を挙げられるなんて……(もう一度結婚式をしたい。別の人と?笑)夜にはライトアップされるのかしら〜。さて、アパートはどこだろう?一階がカフェでスーパーがそばということは……あっ!ありました。
http://www.hausgufler.it/
そして、1階のカフェはコレ! ↓↓↓
https://goo.gl/maps/rkjWPN3NxCG6a98eA
ケーキがたくさんあって目移りしてしまいそうで困りますね。(毎日食べて、全種類制覇しなくっちゃ!)アパートもきれいで快適そのものですね。村の中心地で駅からも500m(6分)の近さ、バス停も至近距離……おーと様のお眼鏡にかかったのですから、最高の立地条件かと思います。『ハイパーマーケット ユーロスパー』にもさっそく足を運ばれたのですね。『スーパー』を超えた『ハイパー』だなんて、どんなところなんだろうと興味津々です。月曜日からはお天気が回復されるとのこと、好天の中でのハイキングが待ち遠しいです。
Posted by なおなお at 2021年07月18日 08:59
おーと様
無事にシランドロ到着おめでとうございます。ここは(勉強不足ですが)3年前にオート様の記録を頼りにボルミオに滞在してステルビオ峠に遊んだことがありますが、その峠を越えて東に下って40km行ったところですね。バスの便は知りませんが、今回もステルビオ峠にもいらっしゃるのでしょうか?3905mのOrtlerもありますね。また、色々と散策記録をお待ちしております。ステルヴィオ峠までの車道を載せました。↓
https://drive.google.com/file/d/1CxbU-IYKgrXWdnEgp1OnD7b8NRAwR39E/view?usp=sharing
Posted by 和田 力 at 2021年07月18日 09:36
おーと様おはようございます。
シュランダース村便利で良いアパート見つけましたよね。此処で気になる事があります。おーと様は寛容なのであまり気になさらない様なのですが、個人の情報と言うかお書きにならない以上の事踏み込んで良いのか少し考えさせられます。
少し控えめがよろしいかと私は思うのですが。
(知られたくない事もおありでは)
それぞれが、色々想像する楽しみもあるのですが?
何かもう1か月のドロミテの滞在早いですよね。
足腰に筋肉が付いたのではと思いますが?
私昨日のハードな山で今日は少し筋肉痛です。

話はそれますが、日本は雨が多い国ですので、下流には河川敷があります。(ないとこもあります)アメリカや欧州あまり見掛かませんよね。息子から言われて気が付きました。ですから大雨には対応が出来ていないのでは?
ドイツの洪水でお亡くなりの方が本当に気の毒です。地球温大化恐ろしいです。

ユーロースーパーてヨーロッパどこでもありますよね。一昨年泊まるホテルの隣にもありましたが、(娘と一諸)ユーロ―スーパーには品揃えでは劣りましたので、乗り替える駅で購入した居りました。教会のそぐ傍て決まった時間に鐘が鳴るのですか?
日本は朝6時に近所のお寺の鐘が鳴ります。

Posted by ss at 2021年07月18日 09:52
なおなおさま、おはようございます。無事にバスと電車での移動が済んでひと安心です。電車に乗り遅れたのは焦りましたが、大家さんの奥さまは「あぁ電車が遅れたのね」と気にしない感じでしたので、よくあることなんだろうと思います。イタリアって、乗り継ぎに余り配慮してくれない印象があります。次の便に乗れば良いでしょ、って感じ。昨日もメラーノ駅では多くの乗客が到着した向かいのホームに列車が来るものと思って暫く待っていました(時刻表では1分待ちで乗り継ぐことになっているので、向かいのホーム以外はあり得ない)。そこへ車掌が「マルス行きは3番線ですよ」と言い回ったため、乗客は焦って隣のプラットフォームへ。我が家は大きな荷物があるのでエレベーターで移動しましたが、本当は通っちゃいけない線路を踏み越えて行った人も。ところが3番線に停まっていた列車はいつまで経っても発車する気配が無く、そこでようやく「これは次の列車なんだ」と気が付いた次第です。到着する際に車掌か駅員がアナウンスしてくれれば済むものを、不親切なのがイタリアらしいです(笑)。
結婚式に遭遇するのは今回の旅で2回目です。皆さん普通にお祝いできるようになったのが嬉しそうでした。この状況が続くと良いのですが…。
アパート近くの教区教会は「聖母被昇天教会」で、主祭壇のご本尊(というとお寺みたいですが)がイエスではなくマリアです。この内装の豪華さからして、今は静かな田舎村ですけど、かつては交易路に位置していて栄えたところだったんだろうと想像できます。鐘楼が高いのも印象的です。ここまで激しい傾斜で尖っている鐘楼も珍しいと思います。
アパートを特定してくださって、流石です〜。カフェのケーキも、グーグルの写真のまんまです。昨日はお決まりの「シュヴァルツヴェルダー」(サクランボの洋酒漬けケーキ)と、「ビルク」(だったかな?)というクレープ生地とクリームを重ねたケーキにしました。とても大きくて、1つ3ユーロと格安でした。
本当は商店街のレストランでビールでも飲むつもりでしたが、テラスの座席が空いていてもコロナ感染予防のために「満席でダメ」と言われたり、既に14時を過ぎていたので暖かい料理が出なくなったりしていて、結局スーパーで買物しただけでアパートへ帰りました。その方が気分的にもゆったりできて良かったです。
Posted by おーと at 2021年07月18日 14:08
和田力さま、そうです、ヴェノスタ谷での滞在を選んだのは、もう一度ステルヴィオ峠へ行ってみたいからでもあるんです。ボルミオ滞在時にステルヴィオ峠から眺めたオルトラーが印象的でしたし、そこから東へヘアピンカーブで下って行く車道の先が気になっていました。多少時間は掛かりますが、路線バスでステルヴィオ峠までは行くことができます(ゲストカードで運賃無料です)。お天気の良さそうな日を選んで出掛けるつもりです。
Posted by おーと at 2021年07月18日 14:17
ssさま宅のご近所のお寺で朝6時に鐘を撞くというのは、最近の都会じゃ珍しくないですか? 何しろ除夜の鐘までうるさいと言われて撞かなくなったお寺があると聞きますから…。シュランダース村の教会の鐘の音は昨夜は余り気になりませんでした。鐘楼が高いからかも知れません。
欧州の川は水面のすぐ横を道路が走っていたりして、日本のように河川敷や土手の無いところが多いですよね。普段は日本ほど水量の差が生じないからで、流れが緩やかなせいでもありますが、あちこちに堰が設けられていて水量が調整されています。でも今回の豪雨では調整能力を超える水量となり、一気に洪水になってしまったようです。当地でも気候温暖化の影響だという論調が目立ちますね。
我が家の個人情報について心配してくださり、ありがとうございます。おっしゃるとおり、写真に写り込んでしまった他人の姿など、よそ様の個人情報には注意していますが、我が家自身の情報の秘匿には余り気を遣っていません。秘匿しようと思ってもその気になれば特定されてしまいますし、このようなウェブサイトやブログで公開する以上、或る程度のリスクは許容すべきと考えています。私はfacebookも全公開で投稿していますし、ハンドルネームも本名(のようなもの)です。自分自身を特定されかねない形にすれば、投稿内容に責任を持つよう自制するだろうと考えてこうしています。これまで20年近くこのスタンスを続けていますが、幸いにして怖い目に遭ったことはありません。
Posted by おーと at 2021年07月18日 14:36
ss様の毎朝聴く6時の鐘は私の家でも聞こえます。
家の近くの日蓮宗本覚寺と妙本寺です。因みに、夕方も聞こえます。但し、最近は(どちらの寺かは言いませんが)鐘楼にタイマーが付いて撞木を自動的に動かして鳴らしているようです。(西洋ではどうでしょうか?)
勿論、鐘の音が煩いという地元民はおりません。
Posted by 和田 力 at 2021年07月18日 14:54
和田力さま、そうなんですね、最近のお寺は鐘を撞くのも自動ですか…。教会の鐘の音も、毎正時や15分毎に鳴るものは、時計と連動するようにできてるんでしょうね。今ちょうど日曜礼拝を知らせるものと思われる鐘の音がガンガン鳴ってます。結構大きい音です。勿論、我が家にとっては五月蠅いという感じは全くありませんけど。
Posted by おーと at 2021年07月18日 15:31
おーと様、こんにちは。
今日は休養日なのでしょうか?(この時間に教会の鐘の音を聞いていらっしゃるご様子なので……。)
先ず、謝らなくてはなりません。申し訳ありませんでした。SS様がご心配されていたことはごもっともですし、調子に乗りすぎました。その気になれば(私、すぐにその気になってしまうので。反省しています。)blogの写真から建物名が分かり、現在、宿泊されているところがすぐに特定できてしまったので、『おーーー!素敵なアパートだわ!これで更におーと様たちとご一緒に旅行している気分だわぁ〜。』と、つい嬉しくなってしまって……あまり深く考えずに投稿してしまいました。おーと様は「我が家自身の情報の秘匿には余り気を遣っていません。」と寛大に仰ってくださいましたが、どう考えてもやり過ぎてしまいました。自分の中で勝手に妄想するのは自由ですが、文字にするのは『自制』が足りなかったと、深くお詫びいたします。これからも懲りずに投稿したいので(今、唯一の楽しみなので……)、『ちょっとこれは如何なものか。』と思われるようなことがあった時には、どうかSS様、ご指摘くださいますようお願い申し上げます。こうしてご指摘くださることを有難く受け止めています。(本心です。)
Posted by なおなお at 2021年07月18日 15:54
おーと様
ステルヴィオ峠、素敵なところですね。おーと様のボルミオ滞在記を読み返したり、和田様のYouTubeを観たりで夢が広がっています。検索していましたら素敵な村をみつけました。おーと様はご存知かと思いますけれどソルダ(Solda/ Sulden)という村です。(標高約1,900m)
http://www.ortler.it/
小さな村(我が家好み)ですがリフト類も数本あり、スーパーは一軒だけのようですがオルトラーが綺麗に見えるロケーションです。教会越しの山々があまりにも素敵で、うっとりです……。
https://goo.gl/maps/3dWanrEDHHmGSBBY9
シュランダース駅からバスで1時間10分(1時間に1本?)で到着するんですよーーー。
Posted by at 2021年07月18日 22:49
なおなおさま、我が家の滞在アパートを特定いただいたことは全く問題ありませんので、どうぞ気になさらないでください。それが嫌なら、アパートの写真など元々ここにアップしていません。ssさまのご指摘は相手によっては正しいと思いますけど、我が家は申し上げたとおりその点に関するリスクを最初から飲み込んでウェブサイトを運営しています。宿泊したホテルやアパートの良い点だけでなく、気になった点も感じたまま書いてしまっていて、宿の方々にとっては面白くないこともあるでしょう。それが情報として重要だと思って公開していますが、発信者側が匿名なのは不公平な気がするので、こちらも或る程度個人情報を明らかにして責任を取っているつもりです。これが私の考え方です。
Posted by おーと at 2021年07月18日 22:49
なおなおさま(ですよね?)、ハイ、ズルデン(ソルダ)村もヴェノスタ谷での滞在中に出掛けたいと思っている場所です。明朝もし快晴だったら、ステルヴィオ峠へ行くかズルデン村へ行くか迷うところです(笑)。
ズルデン村行きのバスはシュポンディニック(スポンディーニャ)駅が始発です。そこまではヴェノスタ谷鉄道で行って乗り換えることになりますが、所要時間はご指摘のとおり片道約70分ですね。
Posted by おーと at 2021年07月19日 00:29
なおなお様
おはようございます。この様なお歳の方に失礼かもしれませんが、本当は節度ある素敵な方なんですね。表現が素晴らしく羨ましくもあるんですよ。
Posted by ss at 2021年07月19日 06:35
おーと様、おはようございます。
不躾な私に寛大すぎるお言葉を頂戴して、胸がいっぱいになりました。ありがたいです。調子に乗り過ぎないように気を付けます。(出禁になったら大変!苦笑)
あー! 7月18日 22:49の『名無しの権兵衛さん』は『なおなお』です。すみません。(T_T) おぉ〜!!!やっぱりズルデン村に行くんですねー。楽しみで仕方がありません!!!(ソワソワします。) ズルデン村までは電車+バスの乗り継ぎなんですね。意外に近くて射程距離ですよね。(ステルヴィオ峠は九十九折ですから少し時間がかかるのですね……。) 地図とにらめっこして、エンガディン地方との近さを今更ながら確認しました。エンガディン地方+オルトラー地方で『3ヶ月の旅』もありだわ!と、またまた妄想してしまいました。チューリッヒ、インスブルック、ミラノ空港などからどの経路でも時間がかかるのですね。季節限定の直通バスがあれば良いのにな……。知らない土地での乗り換えはヒヤヒヤします。時間がかかっても、訪れたことのある地名が出てくると安心しますね。
Posted by なおなお at 2021年07月19日 10:11
SS様、おはようございます。
メッセージ、ありがとうございます。私、夢中になると周りが見えなくなってしまうところがあります。『ハッと我に返る』ことは大切なことですから、今回のことは感謝しているんです。言いづらいことを、敢えて仰ってくださったことをありがたく、真摯に受け止めています。休職で一段と体力が落ちてしまったので、SS様のパワフルさが眩しいです。……これからも宜しくお願いします。
Posted by なおなお at 2021年07月19日 10:17
なおなおさま、ヴェノスタ谷鉄道の終点マルス(マッレス)からはミュスタイル谷を通ってスイスのツェルネッツまで直通バスが運行されています(↓)。おっしゃるとおり、スイスのグラウビュンデン州とオーストリアのチロル州、イタリアの南チロル州を組み合わせた3国の旅なんてのも楽しそうですね。
https://altoadigemobilita.info/fileadmin/pdf/2021/811_20201213.pdf
今日から数日間は安定したお天気になりそうですので、早速にオルトラー地域へ出掛けてみたいと思ってます。
Posted by おーと at 2021年07月19日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: