2021年07月19日

シュランダース村の裏山散策

シュランダース Schlanders(シランドロ Silandro)村滞在の1日目は曇天でしたが、少し青空も見えていて、雨の心配は余り無さそうでした。

P1022862.jpg
シュランダース村の教区教会(聖母被昇天教会)。左は銀行で、右が村役場です。

P1022863.jpg
前日に日曜も午前中だけ開いているパン屋を商店街で見つけていた(土曜の午後は閉まっていました)ので、先ずそこへ行って美味しそうなパンを仕入れました。ついでに再び「エウロスパール EUROSPAR」にも行ってしまいました(このスーパーだけは日曜も19時まで営業しています)。

P1022860.jpg
カール・シェーンヘル文化会館 Kulturhaus Karl Schönherr 前の広場で蚤の市をやっていました。小規模でしたが、写真右の少年は一人で堂々と店番をしていて可愛かったです。

P1022872.jpg
一旦アパートに戻った後、11時頃から散策に出掛けました。スーパー「Mプライス MPREIS」前の道を北へ進むと「シュランダースブルク Schlandersburg」(かつての領主の居城。今は図書館になっているとか)が建っています。その脇から急坂を登ります。

P1022879.jpg
間もなく「カスタニエンヴァール Kastanienwaal(=栗のヴァール)」という平坦な遊歩道に出ました。名前のとおり、右側に栗の木が並んでいて、左手の急斜面は林檎畑です。「ヴァール Waal」というのは、ヴェノスタ谷の斜面に数多く作られている灌漑用水路で、スイスのヴァリス州で見られる「ビス(またはスオーネ)」と同じものです。

P1022894.jpg
スポーツセンターから上ってくる道と出合い、そこからシュランドラウン川 Schlandraunbach に沿って登ると、シュランダース滝 Schlanderser Wasserfall がありました。高さはそれほどありませんが水量が多く、近寄ると水飛沫でずぶ濡れになりそうでした。

P1022896.jpg
滝口からジグザグの登り道(3番のハイキングコース)になります。山の中腹に見えていたシュランダースベルク城(個人の所有物らしいです)が近づき、登り過ぎている(道を間違えた)んじゃないかと思いました。

P1022905.jpg
目指していた「イルスヴァール Ilswaal」の用水路が現れてひと安心。ここからは流れに沿った平坦な遊歩道(5番のコース)を西へ快適に歩けました。

P1022908.jpg
5番のコースは途中で「イルスヴァール」沿いを外れて下ります。

P1022912.jpg
間もなく見晴らしの良い場所に出ました。写真左の教会の尖塔が見える辺りがシュランダース村の中心部です。ヴェノスタ谷鉄道の軌道がS字を描いているのが印象的です。

P1022914.jpg
少し右手(西側)にはコルチ Kortsch(コルツェス Corzes)の集落が見下ろせ、その背後の扇状地は一面の果樹園(恐らく林檎畑)です。写真右下は聖エギディウス教会 St. Ägidius。

P1022918.jpg
センペルヴィヴムが咲いていました。

P1022924.jpg
聖エギディウス教会の脇を通って下ります。

P1022922.jpg
聖エギディウス教会の内部。

P1022929.jpg
「6A」のハイキングコースに入り、左手にコルチの集落を見下ろしながら登り返します。

P1022933.jpg
今度はそれほど長く登らずに「ツァールヴァール Zaalwaal」の用水路に出ました。

P1022939.jpg
こちらも平坦な遊歩道を快適に西へ辿ります。

P1022937.jpg
ヒヨドリバナを撮ってみました。

P1022941.jpg
途中に水車小屋の跡がありました。かつては今より水量が多くて粉を挽けたんでしょうね。

P1022947.jpg
コルチの集落の西外れで山裾に出て、集落の中を東へ緩やかに下りながら帰路につきました。写真はコルチ地区の中心に建つ洗礼者聖ヨハネ教区教会 Pfarrkirche St. Johannes der Täufer です。

P1022949.jpg
林檎畑はどの木もたわわに実をつけています。どれも未だ小ぶりながら、既に赤く色づいているものも多くありました。

P1022950.jpg
ヴェノスタ谷鉄道の高架橋を潜ってシュランダース村の中心部へ。2時間半余りの散策でした。アパートに戻ってから、バルコニーで白ソーセージと缶ラドラーの昼食を楽しみました。

posted by おーと at 00:10| Comment(11) | ヴェノスタ谷(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様おはようございます。
今日は私暑さ対策で4時からウオーキングに出かけました。風があり思ったより涼しく歩けました。日よけ対策でもあります。

シュランダース村てしっとり、栗の道あり、リンゴ畑ありで思わずもいで食べたくなりました。おまけに滝まであるんですもの、良い場所をお選びになりましたね。階下にはケーキも買えるしね。
此方はチロルの雰囲気を感じます。ドロミテとはガラッと変わりまたまた楽しめそうで私までワクワクしてしまいます。引き続き報告楽しみに読ませて頂きます。
Posted by ss at 2021年07月19日 06:26
おーと様、おはようございます。
シュランダース村の散策を楽しまれたご様子で、こちらまで楽しくなりました。領主の居城が図書館になるなんて!歴史を受け継ぐって、大切なことですね。「栗の木が並んでいる。」……栗と言えば……『ヴァルミセル』が浮かんできました。栗のペースト食べたいです。栗のパスタ、栗のスープ、栗のヨーグルト……秋には沢山並ぶのかしら?(食いしん坊過ぎ) 航空写真を見ると広大な畑が広がっていて、緑のパッチワークを敷き詰めたようだと思っていたのですが、リンゴ畑だったとは!『リンゴが赤くなると、お医者さんが青くなる。』と言うヨーロッパのことわざがあるくらいですから、やはり生産量が桁違いなのでしょうね。本日、東京は最高気温34〜35度の予報でして、既にへばっているのでリンゴを一個、送信してください。(笑) そして!Sの字を描くヴェノスタ谷鉄道の軌道の美しさったら!石造りの高架下を潜るのも乗り鉄&撮り鉄もどきとしては堪らないですー。
今日のお天気はどうでしょう? ★祈・好天★
Posted by なおなお at 2021年07月19日 11:02
おーと様
初日から「裏山」などという軽い名称ながら8km以上、標高300mの行程を難なく歩く健脚さに感心します。取り敢えず、軌跡をGoogle Mapに落として見ました。修正が必要なら訂正後、動く地図にしようと思います。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1UWnif_pqcVT5NjVZ6zSiDOYGAxpfGrtX&usp=sharing
Posted by 和田 力 at 2021年07月19日 11:21
ssさま、夏恒例の早朝ウォーキングを始められましたか。猛暑の中、どうぞご自愛くださいませ。
私もssさまがご滞在になったチロル州のオーバーインタール地方と似た雰囲気があるのかもなと思ってます。村人もハイカーも話す言葉が殆どドイツ語なので、イタリアにいることを忘れそうです。イタリア語圏より五月蠅くない(笑)から私はドイツ語圏が好きですね。
Posted by おーと at 2021年07月19日 12:59
なおなおさま、栗の木が多いとイタリアだなぁって感じがします。もう小さなイガが沢山付いてましたよ。おっしゃるとおり、秋〜冬の栗の実シーズンも楽しそうですね〜。
林檎畑は本当に広大で、こんなに沢山の林檎をどうするんだろうと思っちゃいます(収穫だけでも大変そう…)。カミさんはシードルにするのが良いんじゃないのと言ってますが、地元産のシードルがあるのかどうか、未だ確認していません。アパートの大家さんがウェルカムフルーツとして林檎を部屋に置いてくださっていました。昨日は一部をそのまま昼食にいただき、残りは夕食の豚肉のオーブン焼きにカミさんがすりおろして使ったそうです。肉が柔らかくなって美味しかったです。
Posted by おーと at 2021年07月19日 13:05
おーと様
度々失礼します。先ほどのコースは検討の結果、下記に訂正します。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1LjYvIwHzBCrNljL9mjA_CeQ8xQqD5Bbd&usp=sharing
Posted by 和田 力 at 2021年07月19日 18:00
和田力さま、アップした写真とコメントだけでは何処を歩いたか大変に分かりづらい筈ですのに、ほぼ正確なルートを特定いただき、驚きました。山道に関してはほぼ完璧で、凄いです。
コルチ村の歩行ルートについては、山裾をもう少し西へ直進してサッカー場の手前でツェリム通りに出て、そこを南東方向へ下ってアリッツ通りからヴェッキア通りへ出ています。その先は和田さまに推定いただいた道を歩けば近かったんですが、それに気づかずヴェッキア通りをラウンドアバウトまで下ってしまい、車道脇を歩いてから鉄道を陸橋で越えました。
Posted by おーと at 2021年07月20日 00:29
おーと様
コース推定の評価と訂正ありがとうございました。修正致しますが、別件があるのでやや時間がかかります。
Posted by 和田 力 at 2021年07月20日 04:56
おーと様
Silandro裏山軌跡訂正版です。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=150YaUpWtydfbDNX1UjdBa63tn1CSxsDV&usp=sharing

Stelvio峠はこれからじっくり拝見します。
Posted by 和田 力 at 2021年07月20日 06:45
和田力さま、お忙しいところ修正いただいてしまって、どうもすみません。
Posted by おーと at 2021年07月20日 12:52
写真を8枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年10月17日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: