2021年07月25日

シュリーニック峠へ

今日は曇天でしたが、時々晴れ間もあり、雷雨には遭わずに済みました。
何となく西の方が比較的安定したお天気のような気がして、スイス国境の近くへ向かうことにしました。

P1023751.jpg
列車の終点マルス Mals(マッレス Malles)駅からシュリーニック(ズリンジャ)谷 Schlinigertal / Valle di Slingia 行きのバスに乗り換えます。今朝も列車が5分遅れ、危うくバスに乗り遅れるところでした。動き始めたバスに飛び乗り、プレマユール Prämajur で下車すると、目の前にチェアリフト乗場がありました。

P1023754.jpg
片道切符(ゲストカードで1ユーロ割引になり1人11ユーロ)を買ってヴァトレス Watles / Vatles 行きチェアリフトに乗り込みます。

P1023758.jpg
チェアリフトはヴァトレス山(写真左)の南尾根に着きます。

P1023761.jpg
すぐ近くの乗場からヴァトレス山の頂上近くまでスキーリフトが通じていますが、夏季は運行されていません。ヴァトレス山はなだらかな草原の頂で、比較的楽に登れる割に眺望が良いそうです。今日は雲が多くて眺望を得られそうになく、登りません。

P1023757.jpg
チェアリフト山上駅の近くに建つレストラン「プランタパッチ Plantapatsch」の前を通り、8番のハイキングコースで北西方向へ歩き始めます。

P1023765.jpg
牛の放牧場になっている草原の斜面をトラバースして進み、ほぼ平坦で快適な道でした。

P1023768.jpg
木彫りのマリア像の祠が途中にありました。

P1023771.jpg
分岐点に建つシャーフ(=羊)小屋 Schafhütte を通過。避難小屋のような感じです。

P1023777.jpg
谷底から雲が次々に湧いて眺望が殆ど得られなかったのは残念でしたが、草花は沢山咲いていて楽しめました。

P1023778.jpg

P1023782.jpg

P1023783.jpg
コケモモの花

P1023787.jpg
少し霧が晴れ、帰路で歩く予定の谷底の道が見えました。

P1023792.jpg
セスヴェンナ小屋 Schutzhütte(Rifugio) Sesvenna を見下ろす地点まで来ました。

P1023800.jpg
右がセスヴェンナ小屋で、池の畔に建っている左の建物は、部分的に再建された(山小屋としては使われていない)旧プフォルツハイマー小屋 Alte Pforzheimer Hütteです。チェアリフト「ヴァトレス」の山上駅からここまで2時間弱でした。

P1023803.jpg
そのまま直進してシュリーニック(ズリンジャ)峠 Schlinigpass / Passo di Slingia へ向かいます。18番のハイキングコースです。

P1023819.jpg
シュリーニック峠付近には池が点在していて、分水嶺の場所はハッキリしません。

P1023838.jpg
峠の南側には広大な湿原が広がっていて、自然保護区になっているようです。

P1023823.jpg
峠の先にあるスイスとの国境まで歩きました。セスヴェンナ小屋から片道30分弱です。写真は国境の礎石で、「S」の文字が彫られた手前側がスイス領です(今回の旅で2度目のスイス入国…僅か数mですが)。写真の後方がシュリーニック峠。

P1023820.jpg
国境礎石の近くには十字架が立ち、その先のスイス領内には大勢の人々が集まっていました。どうやら牛の群れをここまで上げて来たようです。

P1023835.jpg
牧羊犬がいます。人々はビールを飲んで寛いでいました。

P1023825.jpg
牛追いの鞭を鳴らしている少年もいました。

P1023828.jpg
スイス側の道はウイーナ谷 Val d'Uina へ下っていて(下った先はウンター・エンガディンの谷底です)、マウンテンバイクで国境越えを楽しむ人が多かったです。ロマンシュ語とドイツ語で書かれたバイカー向けの注意書き看板がありました。

P1023843.jpg
セスヴェンナ小屋まで引き返してきました。

P1023846.jpg
セスヴェンナ小屋の裏手に荷物運搬用のリフトがあります。

P1023848.jpg
回復傾向だった空が急に暗くなってきたので、(我が家は今日も昼食を持参してきたものの)山小屋の中で休憩することにしました。アプフェルシュトゥルーデル(アップルパイ)1つとカプチーノを味わっているうちに小雨が降り出しました。

P1023851.jpg
濡れる用意をしてセスヴェンナ小屋を出ましたが、幸い小雨はすぐに止みました。1番のコースで谷底方面へ戻ると、急坂を下る手前に「フィーアマン・ゾイレ 4mann-Säule(=4人の柱)」という木製の彫刻が建っていました。2012年にここで雪崩に遭遇した4人が無事に生還したことを感謝して建てたものとの説明板がありました。

P1023854.jpg
その先の急坂の下り。マウンテンバイカーも自転車を降りて歩いていました。

P1023856.jpg
途中からハイカー用の細いトラバース道が分岐していて、我が家はそちらを進みました。自転車が通らない道の方が安心して歩けます。

P1023860.jpg
草花も楽しめました。

P1023863.jpg

P1023862.jpg
振り返ると、下ってきた岩壁を滝が流れ下っていました。

P1023865.jpg
谷底まで下って広い道に再び合流し、シュリーニガー・アルム Schliniger Alm(マルガ・ズリンジャ Malga Slingia/アルプ・プランベル Alp Planbell)のレストランを通過。

P1023873.jpg
その先は谷底の幅が広がり、一面の広大な牧草地の中を進みました。但し、あちこちで肥料として屎尿を散布中で、臭いのために昼食休憩できる場所がありませんでした。

P1023877.jpg
予定よりも早く(セスヴェンナ小屋から約1時間半で)シュリーニック Schlinig(ズリンジャ Slingia)村に着いてしまいました。写真右の建物は聖アントニウス教区教会 Pfarrkirche St. Antonius です。

P1023876.jpg
聖アントニウス教区教会の内部。

P1023878.jpg
貸アパートになっている大型シャレー「シュミートホーフ Schmiedhof」の隣がマルス駅行きバスの始発停留所です。帰りのバスは16時半まで無いので、バス停のベンチに座り、持参したサンドウィッチやコーヒーを味わいながら約2時間待ちました。その間も雨に降られずカンカン照りでもなかったので良かったです。シュランダース Schlanders(シランドロ Silandro)村へ帰ってきたら、こちらでは雨が降ったようで路面が濡れていました。

posted by おーと at 05:46| Comment(5) | ヴェノスタ谷(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様
また、スイス国境を越えられましたね!我々も2011年シャモニに行った時にCol de Balmeで経験しましたが、礎石に(その時は)SとFがあるだけのものでした。Stelvio峠にもありましたが、あの峠はBolmioから車道を越えても国が変わらない紛らわしいものでした。ところで、また、スイスが近いのでSwiss Topoで徒歩のコースを追えました。
https://youtu.be/QXD2DBcE2Is
小屋の名のスペルミスがありましたが、他に訂正があれば一緒に直します。
Posted by 和田 力 at 2021年07月25日 14:39
和田力さま、今日も素敵な行程動画をありがとうございます。国境の礎石はシュリーニック峠も「S」と「I」だけの簡単なものでしたが、十字架が建っていただけマシでしたでしょうか。
放牧地自体には国境線の柵はありませんでしたが、イタリア側の牛とスイス側から上がってきた牛の群れは領域を分けて放たれているように感じました。他所の草を食べさせちゃいけないんでしょうね。
Posted by おーと at 2021年07月25日 15:19
おーと様 和田様こんにちは。
毎日動画有難うございます。
今年も諦めていたスイス、まずまずのお天気で少し行かれて良かったですね。
分かりやすく面白いです。コケモモは大きくてシャクナゲかなと思いました。お二人とも毎日お歩きになり足に筋肉が付いたのでは?
毎日ブログ楽しみです。
Posted by ss at 2021年07月25日 19:44
ssさま、スイスに入ったといっても、これじゃ入国した意味は無いですよねぇ。今日もまた一歩だけ入ってきましたけど…。
コケモモはズームアップして撮っただけで、花は日本のと同じく小さいです。この日歩いた道にはホタルブクロやキキョウ科の花、マンテマ等が沢山咲いてましたけど、私は小さい花が好きなんですよ。
Posted by おーと at 2021年07月25日 23:23
写真を24枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年10月25日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: