2021年08月23日

ザンクト・ヨハン村からシュタインハウス村へ

ザント・イン・タウフェルス Sand in Taufers(カンポ・トゥーレス Campo Tures)村での滞在初日は曇り。時々陽も差しましたが、正午過ぎには短時間ながら激しい雷雨がやって来ました。遠くの眺望は楽しめそうにないので、近場の谷底を散策することにしました。

P1027227.jpg
アールン(アウリーナ)谷奥方面行きのバスに10分余り乗り、ザンクト・ヨハン St. Johann(サン・ジョヴァンニ San Giovanni)村で下車。先ずは、なおなおさまにもコメントいただいた教区教会を訪ねます。

P1027230.jpg
洗礼者聖ヨハネ(サン・ジョヴァンニ)教区教会 Pfarrkirche zum Heiligen Johannes dem Täufer / Chiesa Parrocchiale di San Giovanni の内部。天井画やステンドグラスが美しい教会でした。

P1027241.jpg
教会の前で車道を渡り、ザンクト・ヨハン村(写真)の北側斜面を舗装道路でジグザグに登ります。

P1027242.jpg
リスが目の前を横切ったので撮ってみました。

P1027247.jpg
樹林帯の上手には牧畜農家が点在する草地の斜面が広がっていて、視界が開けます。「アールンターラー・ゾンネンヴェーゲ Ahrntaler Sonnenwege(センティエーリ・デル・ソーレ Sentieri del Sole della Valle Aurina)」と名付けられた道を東(谷奥方向)へ進みました。南向きの斜面なので冬場も陽当たりの良い道なんでしょう。

P1027254.jpg
ホテル・レストラン「プラッターホーフ Platterhof」を通過。ここに車を置いて散策に出掛ける家族連れが多い感じでした。解説板によれば、ここは15世紀から続く歴史ある農場で、1800年まではメラーノの聖クララ会修道院の所有だった場所とのことです。

P1027260.jpg
「プラッターホーフ」の少し先で「プラッターヴァント Platterwand」という大きな岩壁の下を通りました。

P1027271.jpg
フランクバッハの滝 Wasserfall Frankbach に到着。滝の少し下流に小さな橋が架けられていて、その上から全景を眺めることができます。

P1027272.jpg
滝の下部のズームアップ。

P1027279.jpg
上手の滝には近くまで行けます。シュタインボックの銅像が設置してありました。

P1027277.jpg
上手の滝はこんな感じです。

P1027287.jpg
滝から更に東へ歩き、シュタインハウス Steinhaus(カディピエトラ Cadipietra)村の上手で見つけたベンチに座って持参したサンドウィッチを食べましたが、ポツポツ雨が降り出したので村へ下りました。写真手前の建物は高級リゾートホテルで、その向こう側の駐車場からクラウスベルク行きのゴンドラリフトが上っています。

P1027291.jpg
ザンクト・ヨハン村から2時間弱でシュタイハウス村に到着。村へ下って間もなく土砂降りの雷雨になり、濡れながらバスに乗り込みましたが、ザント村へ着く頃にはすっかり上がっていました。

posted by おーと at 01:20| Comment(10) | ブルネック(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様
取り急ぎ軌跡を
https://youtu.be/pqklhIOH6CI
Posted by 和田 力 at 2021年08月23日 10:24
おーと様、おはようございます。
生憎の曇天の中ではありましたが、連日のお疲れ休み(?)にクールダウンとなった一日でしたね。聖ヨハネス教区教会、素晴らしいです!外観の落ち着いた佇まい(白、クリーム色、赤茶色)が何とも言えません。屋根や窓の曲線も目を引きます。そして教会内部は外観とは反対に、何んとまぁ、豪華で華やかな装飾ですね。天井に描かれた磔刑像の足元の雲などは、こちらに向かって流れてきそうなくらいに立体的に感じられました。白(大理石でしょうか?)を基調とした内装を正面の祭壇回りの黒緑色が引き締めており、各所にある金の装飾が華やかさを演出していますね。ため息がでます。(深呼吸)少し離れたところから映した緑の絨毯の中に建つ教会も…またまた美しすぎます!!!かわいいリスとの遭遇、心和むひとときですね。『プラッターヴァント』の大きさが、奥様の姿と比較すると一目瞭然で、圧倒されました。岩壁の足元を包む緻密な緑のペルシャ絨毯(笑)のようですね。こんな滝もあるのですかー。変化に富んだ面白い散歩コースですねぇ。土砂降りの雷雨にも遭わずに、やっぱりおーと様ご夫妻は、『お天気の神様』に守られていらっしゃいますね。
それにしても、貸しアパートのオーナーさんに続き、スーパーの店員さんの不躾な対応…少額だからと諦めずに、毅然と抗議されたおーと様の勇気を尊敬します。(お金の問題じゃなくて、対応に腹が立ちますよね。)『NO!』は『NO!』と、はっきり相手に伝えることが必要な時ってありますものね。『正しく抗議する』姿、凛としていて素晴らしいと思いました。(ドイツ風クロワッサン…って、プレッツェルのような味のパンですよね。プレッツェル大好きなので、これも大好物です。あの独特な苦み?としょっぱさが好みです。)
今日のお天気はいかがでしょう?楽しまれてくださいねー。行ってらっしゃいませ。
Posted by なおなお at 2021年08月23日 10:30
和田力さま、いつもありがとうございます。
リンクを貼っていただいた動画、「非公開で再生できない」というコメントが表示されます。設定を修正していただけましたら幸いです。
Posted by おーと at 2021年08月23日 13:07
なおなおさま、いつも沢山のコメントをありがとうございます。アールン谷にも沢山の滝があるようですが、このフランクバッハの滝は余り登らなくても観られるのと、なおなおさまにコメントいただいたザンクト・ヨハン村から近そうだったので選びました。出掛ける際には青空が広がっていて、これなら山へ行くべきだったかなと思いましたが、結果的には行かなくて正解でした。正午過ぎの雷雨はすぐに上がったので、午後から出掛ければもっと時間があったかも知れません。夕方からは再び雷雨になりました。
ドイツ風クロワッサンと書いたのは、ドイツ語で「ラウゲンコルンギプフェル」と呼ばれるクロワッサンで、我が家の大好物です。パン屋でクロワッサンを買うと1個1.50ユーロ程度しますので、1個0.30ユーロ前後のゼンメルに比べてかなり割高ですが、やはり食べたくなっちゃうんですよね〜。
Posted by おーと at 2021年08月23日 13:19
おーとさまこんにちは。
ザント・インタウフェルスの初日、行動中は雨にも遭わず良い1日でお楽しみラツキーです。
教会て何だか落ち着きます。でも冗談でもここでーーーは言いません。後何年元気でいられるか?子供も今は自立しておりますので。
所で世界中の有名な都市のい公園でリスを見かけないのは東京だけとか?公園少ないほうだそうです。
この地方は湖が多く湧き水により、滝も多いのは頷けます。地球温暖化で雨も多く降りましたでしょう。
フランクバツハの滝は3段で傍では水しぶきに掛かりそう、涼しそうで、素敵な滝です。
雷が多いい、もうじき夏も過ぎて秋の気候になる前触れと頷けます。
今日1日ともかく傘を指さないでお楽しみ休養日になり、明日からのハイキング又御報告楽しみにしております。
所でコルチナのゴンドラですが、もうおーとさまは情報がおありでしょうが、9月からの運休もありそうです。全部ではないでしょうが?
Posted by ss at 2021年08月23日 15:45
和田様
軌跡私も見れなくなりました。
おーとさまと同じ理由です。
Posted by ss at 2021年08月23日 15:49
皆様
ご迷惑をおかけしました。uploadして直ぐに用事で出かける時にPCを停めたのが敗因で、完了しないで停まっていました。今、やり直したので出ると思います。
https://youtu.be/pqklhIOH6CI
Posted by 和田 力 at 2021年08月23日 16:23
ssさま、いつもコメントをありがとうございます。山の雨って、ポツポツ降り出したと思ったら直後にドバーッと来ることがありますよね。激しく降るのはせいぜい10分くらいなんですけど…。この日の雨もそんな感じで、ちょうど車道へ出てバス停を探している時に土砂降りが来ましたので、暫く商店の軒下で雨宿りしてました。お蔭でシュタインハウス村の教会を訪ねそびれてしまいましたが、びしょ濡れにならずラッキーでした。
コルティーナ村のロープウェイ類の運行スケジュールを気に掛けてくださり、どうもすみません。ウェブサイトの情報どおりであれば、ロンカート行きチェアリフトだけは9月5日までで運行終了ですが、その他は我が家の滞在最終日の11日まですべて運行予定だと思います。13日以降は運休するリフト類が徐々に増えてきますね。
Posted by おーと at 2021年08月24日 00:25
和田力さま、動画をありがたく拝見しました。今回も写真を入れ込んで纏めていただき、とても嬉しいです。お忙しいところ、どうもすみません。
Posted by おーと at 2021年08月24日 00:30
写真を3枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年12月12日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: