2021年08月29日

クラウスベルクを歩く

1週間お世話になったザント・イン・タウフェルス Sand in Taufers(カンポ・トゥーレス Campo Tures)村のアパートを片付け、ホテルのレセプションまで出向いてチェックアウト手続き。ここのホテルの対応は最後まで好感が持てました。荷物をホテルで預かっていただき、午後の移動までの間にハイキングを楽しむことにします。

P1028049.jpg
バスでアールン(アウリーナ)谷 Ahrntal / Valle Aurina のシュタインハウス Steinhaus(カディピエトラ Cadipietra)村へ行き、クラウスベルク Klausberg 行きゴンドラリフトの往復切符(1人21ユーロ)を買って乗り込みました。写真はゴンドラから見下ろす山麓駅(写真右下)です。

P1028050.jpg
今日もオーストリア(チロル州)方面が雨の予報で、そこに近いアールン谷はどんよりした曇り空。眺望が期待できないのに切符を買ってまでリフトに乗るの?とカミさんは余り乗り気ではありません。

P1028053.jpg
ゴンドラリフトの山上駅には「クラウジ Klausi」という恐竜のマスコットが置かれていました。中央のハッシュタグは、アールン谷周辺の観光スポット8ヶ所に設置されているアルファベット文字のモニュメントのひとつで、同様のものはザンクト・ヨハン(サン・ジョヴァンニ)村の教区教会前やライン(リーヴァ)村にもありました。

P1028059.jpg
山上駅の近くに建つレストラン「モアールエック・アルム Moaregg Alm」(写真中央)の前から33番のハイキングコースに入り、クラウス(キュゼッタ)湖 Klaussee / Lago Chiusetta を目指して南へ登ります。北側にはアールン谷越しにオーストリア国境に並ぶツィラーターラー・アルペンの峰々を何とか眺めることができました。写真中央はカイルバッハシュピッツェ(プンタ・ディ・コニオ)の前衛峰ホーエ・ヴァントで、その左奥がグローサー・レフラー(モンテ・ロヴェッロ)、右がクファレンシュピッツェ、右端がシュパイカー(チーマ・ディ・クローダ・ロッサ)。標高の高い部分には雪が降ったようで、うっすらと雪化粧しています。

P1028066.jpg
レストラン「シュペック&シュナップスアルム Speck-und Schnapsalm」を通過。クラウスベルクには多くのレストランが点在していて、これで皆さん共倒れせずに経営が成り立つのかと心配になるくらいです。

P1028069.jpg
レストラン「バウシャフトアルム Bauschaftalm」。クラウス湖があるのは正面の岩山の山裾ですが、ここから東の尾根へ寄り道することにしました。

P1028072.jpg
やや荒れた急坂の道(「7A」のコース)を登り、尾根上の展望台ブライト・ラスト Breite Rast(海抜2,098m)に到着。ゴンドラリフト山上駅からここまで1時間余りでした。写真の正面はアールン谷奥方向ですが、雲が多くてハッキリしません。

P1028075.jpg
ブライト・ラストから南東方向(写真中央奥)に望むドゥルエック(チーマ・ドゥーラ)。右手前の峰はザッテルノックです。

P1028085.jpg
ブライト・ラストからは「33B」のコースで、ザッテルノックの西山腹をトラバースしながら南へ緩やかに登り、クラウス湖へ向かいます。次第に青空が見えてきました。

P1028089.jpg
ブライト・ラストから約30分でクラウス湖(海抜2,162m)を眺められる小山に到着。ベンチに座り、持参した手作りサンドウィッチを食べました。ちょうど陽が差してきて暖かく、気分良く休憩できました。写真左上の頂がラウフコーフェル(モンテ・フーモ)です。

P1028090.jpg
昼食を摂った小山から南東方向の眺め。写真中央の頂がクラウスノック(チーマ・キュゼッタ)です。

P1028103.jpg
クラウス湖畔にも立ち寄りましたが、オーストリア国境方面から雨雲が流れてきて、再び曇ってしまいました。

P1028108.jpg
帰路は車道をゆっくり下るつもりでしたが、途中から雨が降り出したため、33番の道でゴンドラリフト駅へ急ぐことにしました。写真のレストラン「バッハマイール Bachmair」を経由して「バウシャフトアルム」へ下り、その先は往路と同じ道を戻りました。

P1028111.jpg
山上駅近くまで下る頃には再び青空が広がってきました。近くの斜面には台車に乗って滑るコースター「クラウスベルク・フリッツァー Klausberg Flitzer」が設置されていて、家族連れが楽しんでいました。

P1028114.jpg
ゴンドラリフト山上駅に隣接して建つレストラン「クリスタル・アルム Kristall Alm」。クラウス湖から1時間弱で戻れました。写真左はジップラインのスタート地点です。幾つかのアトラクションを纏めて楽しめるセット切符が販売されています。

P1028117.jpg
ゴンドラリフトに乗り込んでシュタインハウス村へ下りました。

P1028118.jpg
ちょうどバスが通過してしまった後だったので、シュタインハウス村の教会を観に行きました。バス停の隣に建つ鉱山博物館(写真中央)の裏手にあります。

P1028119.jpg
「ロレートの聖母」教会 Kirche Unsere Liebe Frau von Loreto / Chiesa di Santa Maria di Loreto。

P1028120.jpg
「ロレートの聖母」教会の内部。

P1028131.jpg
その隣には真新しいマリーア・ヒルフ教区教会 Pfarrkirche Maria Hilf が建っていました。

P1028126.jpg
マリーア・ヒルフ教区教会の内部。モダンな内装で、主祭壇の大きな木彫磔刑像が印象的でした。

バスでザント村へ戻ってホテルから荷物を引き取り、30分後の次のバスでブルネック Bruneck(ブルーニコ Brunico)北駅へ。電車をトブラッハ Toblach(ドッビアーコ Dobbiaco)駅で降り、バスに乗り換えて今日から滞在するコルティーナ・ダンペッツォ Cortina d'Ampezzo に到着しました。
ここまでは順調だったんですが、予約した貸アパートの建物がどうしても見つからず、オーナーと電話で連絡を取って辿り着くまでに何と1時間半も費やしてしまいました。Airbnb の地図に書かれていたアパートの位置が実際とかなりズレていたことが原因でした。オーナーの息子さんがバスターミナルまで迎えに来てくれたらしいのですが、何故か会えず。オーナーは別の場所に住んでいるようで、電話を繋いだまま道を教えてもらい、玄関脇の鍵箱の開け方を教えてもらって、ようやく入室できました(どうやら息子さんは諦めて帰ってしまった模様)。疲れました。

posted by おーと at 08:40| Comment(11) | ブルネック(イタリア)
この記事へのコメント
おーと様
昨日は重複投稿失礼しました。処理して頂き恐縮です。(本日は気を付けます)
移動日なのに、かなりの高低を伴う散策を挙行されたことに敬意を表します。但し、コルチナで貸アパートが見つからなくてお疲れになったことと思います。本日のクラウスベルグの軌跡を検討したのですが、沢山ある空中ケーブルは一つしか動いてなかったのですね?また、帰りは往きと同じ道を戻ったとすると、この下に示した軌跡でよいのですか?自信がないので軌跡だけを示します。(同じ軌跡を3種の地図に落としました)
https://drive.google.com/file/d/1w-UoRc6-iQpDLUgaD-SR5kgBvCMI_7OO/view?usp=sharing
ーーー
https://drive.google.com/file/d/1MWWwsd2kG6AgX4tN819CN8wq2MHq4cMg/view?usp=sharing
ーーー
https://drive.google.com/file/d/1KNmsDlSRW2vtPfDSscagLJz1seZc2Ijz/view?usp=sharing
Posted by 和田 力 at 2021年08月29日 10:20
おーと様、おはようございます。
先ずはお疲れ様です。コルティーナ・ダンペッツォは規模が大きいですから、貸しアパートが見つからなくて、さぞ気を揉んだこととお察しいたします。一時間半も…楽しいことをしている一時間半はあっという間ですけれど、こういった不測の事態でのそのお時間はお辛かったことでしょう。我が家もツェルマットで初めて利用する貸しアパートが見つからなくて焦ったことがあります。ミグロのそばだということは地図で確認していたのですけれど『分からなかったら地元の人に聞けばいいや…』くらいのいい加減なノリでいましたら、なかなか辿り着けなくて。ミグロのそばのお店の店員さんにプリントアウトした予約確認メールを見せながら迷っていることを説明したのですが、「どこだか分からないわ。」と言われてしまい焦りました。たまたま買い物をしていたお客さんがやり取りを聞いていてくださり、「あ、知ってるよ!こっちだよ。」と道案内をかってくれました。小道を入ったところでアパート名が書かれた建物を指さし「ここだよ!」とにっこり。「僕は隣のアパートだから!良い旅を!!!」と去っていきました。(好青年が泊まっていたのは、おーと様が姪っ子ちゃんと共に滞在した、あの貸しアパートですよ。)道を尋ねたお店からはわずか50メートルほどの距離でしたのに、地元の方でも知らないことがあるのだと思いながらも、その青年に感謝したという苦い思い出があります。探していたのは15分位ですけれど、当時はスマホも持っておらずオーナーさんに連絡をする術もなくて心臓に悪かったです。(苦笑)こういう事態は変に疲労困憊しますよね。本当にお疲れ様でした。
ザント村での最後のハイキングを楽しまれるおーと様ご夫妻は、やっぱりパワフルですね!クラウスベルクのゴンドラに乗られて、『ツィラーターラー・アルペン』にお別れのご挨拶をされたのですね。標高の高い部分は雪化粧がされて、幻想的です。尾根伝いに170キロ近い長距離のハイキングコースがあると、おーと様が仰っておられましたから、やはり山脈が途切れなく続いている地形はお天気が不安定なのでしょうか?『クラウス湖』でつかの間の青空、お空の神様からの贈り物のようですね。陽光を浴びながら美味しいサンドウィッチを頬張ることができて何よりでしたね!シュタイインハウス村の教会の磔刑像は、思い描いている姿とはずいぶん違って、興味深く拝見いたしました。教会の内部は宗派や建築時代によって、随分と雰囲気が違いますね。あ、そうそう、昨日の『サン・ヴィジリオ村の教会』本当に素晴らしかったです。『再びのペデリュ』に興奮しすぎてコメントしそびれましたが、こんなに素敵なのですね。
https://goo.gl/maps/tgGpLFcrGmT6LCTp6
グルグルと天井を眺めてうっとりタイムでした。(実際に見られたらいいなぁ。教会の匂い、空気、人々の思いの詰まった歴史の重みを肌で感じたいです。)
今日から『ドロミーティ・スーパーサマー・カード』を最大限駆使する二週間の始まりですねぇ。既に元は取れていらっしゃるようですが、ぜひ使い倒す勢いでガンガンと乗りまくってくださいね。(笑)トレ・チーメ、チンクェ・トッリ、ミズリーナ湖くらいしか知識がないので(和田様のYouTubeで拝見した箇所。)おーと様がどんな絶景を見せてくださるのか、本当に本当に楽しみです。(圧)では、お気をつけて行ってらっしゃいませ。
Posted by なおなお at 2021年08月29日 12:42
おーとさまこんにちは。
今回のホテルの対応が気持ちよく荷物預かりなどつつがなくて良い気分で、本日最後のハイキングが先ずまず出来ておめでとうございます。
クラウスベルグのレストランはコース上で丁度お昼にさしかっかる場所?におありになるか、電機や水道のライフラインから遠くない等あるかもしれません。
雲が多い、でも晴れてしまいますと、予定が狂い長時間歩いておしまいになるので、その分お何となく自然がセーブを?
ゴンドラからホルスタイン、日本ではお馴染みの乳牛が眺められて、(アー日本の牛とか思い)素敵です。あまり見かけない。ゴンドラの下、牛は通行禁止?なのかしら。
ブレンナーからリエンツ行の高原列車は、(自分が名ずけた)小淵沢から小諸行の路線に似ております。違うのはこの路線の北と南に数えきれない(バスなどで移動)ハイキングコースが多く開けていると言う事かもしれません。
実際トッピアコの駅前もホテルが数件で買い物等は何処へと思いました。私が泊まったのは比較的駅に近いホテルでしたので、でも夕食はハーフでお願いしました。(店が無いので)
アパートのオーナーさんとの連絡不十分で、お疲れ様でした。コルチナのバス停は其れほど大きくなく、東洋人は直ぐに分かりそうとアパートの息子さんも思ったのでしょう。それでもおーとさま電話でやり取りは凄いです(語学の力)。
コルチナは和田様が長期間滞在で実際の情報が聴けるけるのでおーとさまの安堵されるのでは。私はコルチナの滞在は5日と2回目は2日ですので、既に閉鎖のゴンドラなどもありますので。今日は本当にお疲れ様でした。


Posted by ss at 2021年08月29日 14:08
和田力さま、ありがとうございます。おっしゃるとおり、夏のリフト類は谷底から直接上っている1本だけしか運行されていません。また推定いただきました往路の行程は完璧です。クラウス湖からの帰路は、スキーリフトの乗り継ぎ地点にあるレストラン「バッハマイール」までまっすぐ下り(車道をショートカットしている道です)、そこから「バウシャフトアルム」に出て、その後は往路と同じ道を戻ってます。言葉が足らず申し訳ありませんでした。
Posted by おーと at 2021年08月29日 23:31
なおなおさま、アパートが見つからなかったのは自分の不手際(準備不足)なんですが、1時間半も坂道を上り下りしたので本当に疲れました。路上で荷物番をしていたカミさんも寒くて辛かったようです(小雨も降ってきたりしましたので…)。Airbnbの場合は予約時にアパートの詳細な住所やオーナーの電話番号等が知らされないので、到着前にこれらをオーナーへ確認するように心掛けているんですが、今回は場所がバスターミナルから近く、建物番号は不明ながら通りの名前や建物の名前は分かっており、またオーナーの息子が待っていると聞いたので油断してしまいました。実際にはアパートが住所の通りに面しておらず、脇道をかなり入った先だったので、建物番号を聞いても自力では見つけられませんでした。自力で探し回る前に、もっと早くオーナーの電話番号を訊いて直接話すべきでした。出迎え役の息子さんが諦めて帰ってしまうというのもどうかと思いますが…。
ここ1週間ほどドイツの東側に低気圧が居座っていて、それでアルプス地域には北から冷たい風が吹き込んでいて、気温を低下させるとともに山脈の北側で雨を降らせています。いつもの夏ですと低気圧は英国付近にあり、アルプス地域には南から暖気が流れ込んでくるんですが、今夏は少し様相が違うのか、秋の訪れが早いのか、よく分かりません。ただ北イタリアは比較的お天気が安定していて、他のアルプス諸国より恵まれていることは確かです。
サン・ヴィジリオ村の教会内部、良いですよね。聖人の名を冠している村の教会は歴史があって、見応えのあることが多いように思います。シュタインハウス村の教会は違う意味でまた興味深かったですけど、村の写真でもお分かりいただけますとおり、普通の教会もその隣にあります。
Posted by おーと at 2021年08月30日 00:00
ssさま、私も特に電話での英会話は苦手なんですよ。それもあって自力でアパートを見つけようと時間を浪費してしまいました。
コルティーナの町は思っていた以上に華やかで大きく、中心街の賑わいが凄いと感じましたが、ビートの利いた音楽を大音響で流すバーなんかは我が家の好みに合いません。借りたアパートは静かな立地なので良かったですが、率直に言って個人的には余り好きになれない町だという印象です。食料品店の販売価格も、これまで滞在した南チロルの町や村に比べて随分と高く、驚いてしまいました。そりゃ貸アパートの料金も軒並み高額な訳ですよね。
トブラッハ(ドッビアーコ)駅は村の中心からちょっと離れてるんですよね。確かに駅前にはバス乗場とカフェとホテルくらいしか無かったように見えました。バスでssさまがお出掛けになったトブラッハ湖を通りました。ちょっとブライエス湖に似た雰囲気で良さそうに思いました。
コルティーナ村が属するヴェネト州の田舎は、これまで滞在してきた南チロル州に比べて路線バスの便数が圧倒的に少なく、車が無いと遠出しにくいです。幸いリフト類は乗り放題ですので、コルティーナ村の周辺で過ごしたいと思っております。
Posted by おーと at 2021年08月30日 00:21
おーとさまおはようございます。
好きになれない町、ておーとさまもお感じになられましたか。私確か難民が欧州に、その頃3人でトレ・チーノが登り残し3日の日程でコルチナにホテルを予約しました。キャンセル出来ない予約でしたが、2食付きで私達のお財布にかなう料金でした。3人ですと日程の変更とかあり、それは大丈夫でした。ところがそのうちの2人が難民が多く行かないと言い出しました。ホテルは全額カードで落とすとの事。しかし色々ありホテルもダブルブッキングで私達に日程の変更を申し入れた為、それらのメールを証拠にブツキング・ドットコムはホテル側に私が支払わない様調整してくれました。
そんな訳で、何度もトラブル続きなので好きではありません。(音楽ガンガンも)但しトレ・チーノには行きたいと思って何度も滞在したのです。
此れだけ有名なリゾート地なのにバス停の大きさから見ても、(小さい)車で移動の人しか視野に入れてないと思います。バスも東から西へ曜日を選ばないと1日で厳しいです。
Posted by ss at 2021年08月30日 09:12
おーと様
Klaussee帰途のご案内ありがとうございました。
それに従って軌跡を作りました。
https://youtu.be/YawzxsryGCg

いよいよ懐かしいCortina..の散策が始まりましたね。出来るだけ軌跡を追従したいと思います。
Posted by 和田 力 at 2021年08月30日 10:11
ssさま、ホテル側がダブルブッキングするなんてこと、あるんですね。何かの誤りで二重に予約を取ってしまうってことはあり得ると思いますが…(我が家もスイスのマイリンゲンで予約していたホテルに満室で泊まれなかったことがあります)。
コルティーナ村には金持ち族が集まって来るので、滞在者の大多数は自家用車かハイヤーを利用していて、路線バスの需要はそれほど大きくないのかも知れません。でもバスターミナルの建物は昔の駅舎をそのまま使っていて趣がありますね。1964年までコルティーナにはドロミーティ鉄道が走っていて、その遺構が歩行者と自転車用の道路になってます。静かに歩けて起伏の無い道なので良い感じです。
Posted by おーと at 2021年08月30日 14:18
和田力さま、今回も素敵な動画を制作いただき、ありがとうございます。
コルティーナの町には初めて来たんですが、和田さまの動画を何回も拝見していたお蔭で「ああ、ここね」と見慣れた感じがします(笑)。昨日は和田さまご一行が滞在されていたオリンピック・スタジアムの近くにも行ってきました(食料品店が日曜でも開いていたので)。バスが不便で遠出しにくいということは、逆に言えばコルティーナに腰を落ち着けてのんびり滞在できるということでもあります。和田さまご一行がお訪ねになった場所にも是非行きたいと思ってます。
Posted by おーと at 2021年08月30日 14:44
写真を10枚追加しました。
Posted by おーと at 2021年12月24日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: