2022年03月02日

歩いて銀座へ

敬愛する先輩が転職して今月アフリカの某国へ赴任されることになり、歓送の意味を込めて今日銀座で夕食をご一緒してきました。家族以外の方と夕食をご一緒するのは1年ぶりくらいでしょうか。楽しかったです。
日本では名前さえ知られていないような国で60歳を過ぎて新たな仕事に取り組まれるなんて、怠惰な毎日を過ごしている自分が恥ずかしくなるばかりでした…。

私には能力も意欲もありませんが時間だけはたっぷりあるので(笑)、今日も往路は自宅から銀座まで歩いてみました。2時間半程度で着き、片道なら余り疲れることなく楽しんで歩けます。

DSC_0004 (3).jpg
清水濠付近

posted by おーと at 23:43| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
時間がたっぷりあって、好きな先輩の壮行会に行けるなんて、先輩はさぞうれしかった事でしょう。おーとさんを最高の仲間だと思っているに違いありません。

そして、時間がたっぷりある!と喜べる事が最高なんですね。 
時間が有っても喜ばない日本人も多いのですから。



Posted by kiya at 2022年03月04日 16:29
kiyaさまのおっしゃるとおり、私が退職するとき「何の仕事もしないなんて、退屈過ぎて死んでしまうよ!」と忠告してくれた人が多かったです。でも実際にプータローをやってみると、暇を持て余すことは全く無いですね。時間に追われない日々の暮らしを心から楽しんでます。元々怠惰な性格だったんでしょう(笑)。
アフリカへ赴任する先輩は、私が中学生時代から敬愛し続けている人です。その先輩を追い掛けて同じ大学に入りました。その先輩から見れば私は沢山の知人の一人でしかないでしょうけど、友人の数少ない私にとっては大切な人です。コロナ禍じゃなくても会うのは年に1〜2回程度ですが…。
Posted by おーと at 2022年03月04日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: