2022年06月30日

シュピッツマイレン小屋へ

P1004024.jpg
滞在中のセーヴェレン村 Sevelen の貸アパートはワンルーム(ステュディオ型)ですが、家具の配置や電気機器が使いやすく、とても居心地が良いです(窓から蚊などの虫が入り込んでくることを除き…)。コーヒーメーカーも「タッシーモ Tassimo」というカプセルを使うもので、ボタンを押すだけで美味しいコーヒーが飲めて嬉しいんですが、このコーヒーカプセルを売っている店が少ない点がネックです。近所のCOOPには売ってますが24カプセル入りの大袋パックだけで、少量の補充ができません。あと数日分だけが足りないので、貸アパートの事務所へ「(到着時には8個入り1箱が部屋に置いてあり)ウチは2週間も滞在しているんだから幾つか追加でもらえないか」と頼んでみたところ、1箱をすぐに持ってきてくれました。ダメ元でしたが言ってみるもんですね。

今朝も曇り空でしたが、雨は降らないと判断し、フルムザーベルク Flumserberg へハイキングに出掛けました。

P1004028.jpg
サルガンス Sargans 駅前でフルムザーベルク行きのポストバスに乗り換え、終点のタンネンボーデン Tannenboden に到着。ここは16年前にも来て泊まりましたが、かなり雰囲気が変わっていて記憶を辿れませんでした。「ザーゲン Sagen」という愛称のハイカー用セット切符(経路の異なる往復切符)を買いました(半額カードで1人14.50フラン)。

P1004030.jpg
マシュゲンカム Maschgenkamm 行きゴンドラリフトは真新しいゴンドラに更新されていて、「ベルクジェット Bergjet」という愛称が付けられています(ウンターテルツェン〜タンネンボーデン間が「ゼージェット Seejet」)。上って行く途中、眼下に長いローデルバーン(台車型滑り台)が見えました。

P1004034.jpg
マシュゲンカム山上駅に併設されたレストランのテラス。こちらも真新しい感じでしたが、朝なので未だお客さんはいません。

P1004036.jpg
マシュゲンカム山上駅前に置かれていたハイジの写真スポットは無くなっていました。代わって設置されていた撮影用の額縁は、サルドーナ山塊の断層をイメージしたものでしょうか。

P1004038.jpg
遊具の置かれた池もありました。

P1004045.jpg
16年前と同じく、ツィーガー山の南側をトラバースして西へ進む平坦なハイキングコースに入りました。当時は「ハイジの花の小道」と呼ばれていた道です。今はもうその表示はありませんが、草花の多さは変わっていませんでした。写真は振り返って出発地点のゴンドラリフト山上駅(写真左上)方面を撮ったもので、右の鞍部に見える建物はマシュゲンリュッケのレストラン、その右背後のピークがマシュゲンカム山、左背後の尾根上に遠望できているのがプロートカムのチェアリフト駅です。

P1004051.jpg
ツィーガー峠 Zigerfurgglen。16年前はここから北へ下りましたが、今回は南へ進み、シュピッツマイレン小屋 Spitzmeilenhütte を目指します。

P1004059.jpg
多少のアップダウンはあるものの総じて平坦なコースで快適でした。

P1004067.jpg
正面がマーゲルライン山ですが、今日は雲が多くて山頂をスッキリ眺めることはできませんでした。

P1004050.jpg
代わりに可憐な草花を存分に楽しめました。

P1004055.jpg

P1004056.jpg

P1004057.jpg

P1004062.jpg

P1004063.jpg

P1004066.jpg

P1004068.jpg

P1004069.jpg

P1004070.jpg

P1004076.jpg

P1004077.jpg

P1004110.jpg

P1004091.jpg
歩き始めてから2時間余りでシュピッツマイレン小屋(海抜2,087m)に到着し、テラス席の脇にあったベンチに座って持参したサンドウィッチを食べました。

P1004094.jpg
雲が垂れ込めて眺望は余り得られませんでしたが、辛うじてシュピッツマイレンの特徴ある頂(左)やヴィスマイレン(中央)を望むことができました。

P1004113.jpg
帰路は歩いてきた道を少し戻り、分岐を右折して北のフルシュ Fursch の牧畜農家へ下りました。

P1004117.jpg
フルシュでは軽食を摂ることができます。屋外に天蓋付きベッド1台と寝袋が置かれていましたが、そこで夜を明かすこともできるんでしょうか。

P1004130.jpg
フルシュからは車両も通れる幅広の農道を北上し、パニュエル Panüöl の牧畜農家へ。

P1004132.jpg
人影はありませんでしたが軒下に冷蔵庫が置いてあり、「山の産品と冷たい飲み物をどうぞ」との看板が。当地のチーズがとても美味しそうでしたが、ちょっと高価で手が出ませんでした。

P1004133.jpg
代わりに地元産のヨーグルトが1個1.50フランと安く、木のスプーンまで用意してあったので、3フランを缶に投入し、隣のベンチで早速いただきました。気分のせいでしょうか、抜群に美味しかったです。

P1004134.jpg
ここまでは良かったんですが、パニュエルからは農道の上手を歩くよう案内標識があり、それに従ったところ、沢山の牛が歩いてグチャグチャにぬかるんだ道を進む羽目になり、靴を汚したカミさんの機嫌が急降下してしまいました。その道は結局農道に合流したので、農道を直進する方が良かったです。

P1004137.jpg
本日のゴール地点、プロードアルプ Prodalp に到着。シュピッツマイレン小屋から休憩込みで2時間半でした。手前はプロートカムへ上って行くチェアリフトで、我が家は写真右端の乗場からゴンドラリフトで下山します。

P1004141.jpg
プロードアルプには巨大なクライミング・タワー(有料)があります。レストランも営業していました。

P1004147.jpg
ゴンドラリフトに乗り込んで下ります。こちらのゴンドラは年季が入っている感じでした。

P1004149.jpg
ゴンドラから見下ろすゼーツ谷。左の谷底がフルムス村で、右奥がサルガンスの町です。

P1004150.jpg
ゴンドラから西側の眺望。左はタンネンボーデンの集落で、右の谷底はヴァーレンシュタット村です(少しだけヴァーレン湖が見えています)。青空が広がってきましたが、依然として山々の上には雲が纏わり付き、クールフィルステン連峰も見えません。

P1004153.jpg
ゴンドラリフトで到着したタンネンハイム Tannenheim。ここからサルガンス行きのポストバスに乗って帰りました。

この記事へのコメント
おーと様おはようございます。
奥様の足の具合が落ち着いて来たとのことでホッとしました。バート・ラガッツのSPAは2時間で32SFもするんですかー!(高!驚!)…えぇ〜っ!!!…日本円に換算しようと、久しぶりにレートを調べましたら、なーんと!143円超えてました。そっちの方が驚き!(32SF=4500円…これは…高過ぎます。仮に半額カードでハーフプライスになるようでも入れません…笑) コーヒーカプセル、言ってみるものですね…そんなに大きなものではありませんが、24個持ち歩くのは控えたいですものねー。マシーンのメーカーが違うと使えないこともありそうですし…(カプセルは共通で使える形状ではないのですか?)
曇天ではありますがフルムザーベルク(降る無ザーベルクと変換されて笑えました。(雨)降る無ザーベルク…と言うことで縁起が担げそう!笑 )へのハイキングが敢行出来ましたことおめでとうございます!『ハイジの撮影スポット』が新しいものに変わっていたんですね。(アレはアレで味がありましたね。) ただの額縁ではなく、ずれている断層をイメージするとは発想の豊かさを感じました。アトラクションなどもファミリー向けに新設されて、やや観光地化してはいるものの、やっぱり山は変わらずそこに在る…。いつでもそこにいてくれることが嬉しいです。山々は雲(霧)で煙っていますが、なんとまぁー草花のみずみずしいこと!恵みの雨に嬉々として咲き誇っていますね。(奥様のヤッケ姿までもが風景に映えてお花の様です!)曇天時にはより、花の美しさに目が行きますね。(快晴だとどうしても山の眺めに気持ちが傾きますもんね。)どんな季節でもお天気でもその時、その時が一番のベストタイミングの出逢いってことでしょうか?シュピッツマイレンやヴァイスマイレンの姿を拝むことが叶い、ヤッター!と万歳しています。牧畜農家さんのヨーグルト、食べたいですー。(アプリコットのヨーグルトって、美味しいですよね。山で食べると格別でしょう!アプリコットが好きなので、プレーンヨーグルトに干しあんずを小さく切って一晩冷蔵庫でふやかしてから、そのまま食べたり、バニラアイスにかけて食べるとさっぱりして美味しいですよー。欧州のアイスはちょっと甘めなので緩和されますよー。) ぬかるんだ道は…土と牛さんの落とし物が混ざってしまうので、靴が汚れてテンション下がりますねー。(仕方ないんですけれど…。) 麓に下りて来るに従い、空が明るく晴れて来ていますね。その逆に麓では低く雲が垂れ込めていて山が見えない時でも、ロープウェイで2500メートルを超えたら一気に視界が開ける!!!ってこともあるので、お天気は難しいです。(だからこそ楽しいのかも。)
今朝、次の滞在地(シュタンス)までどのくらいかかるのかしら…とGoogle Mapを開いたら、ちょっといつもと違うんです。緑色の丸に白抜き文字の数字がたーくさん並んでいるのです。『何だろうこれは…』と思いましたが…なんと、『吊り橋マップ』の数字でして、数字をクリックすると先日お伝えした『吊り橋マニア』のHPに飛べるのです。地図がごちゃっとして若干見づらいですが、これはこれで面白いです。設定を(気づかないうちに)変えてしまったのかor あまりにも沢山『橋マップ』を見ていたから自動的(?)に設定を変えてくれたのか…。何だか可笑しくて、クスリと笑っちゃいました。(これで更に検索しやすくなりました。笑 ) そんな訳で(?)シュタンス近辺の検索は週末から…と決めて(笑)いましたのに、(起き抜けに)ちょっとだけしてしまいました。知ってしまったからには、おーと様にお伝えします。(苦笑)
滝と吊り橋巡り
https://www.okwirsindweg.ch/chessiloch-wasserfall-und-haengebruecke/
長い吊り橋
https://www.okwirsindweg.ch/sattel-schwyz-haengebruecke/
他にもありますが、この2つに惹かれました。『長い吊り橋』は車椅子やベビーカーでも渡れるんですって!驚きました。
セーヴェレンでのハイキングをお楽しみになられるのも、(木)(金)の2日ですね。(土曜日は半日)…さて、今日はどこへお出かけになられるのかしら…と楽しみにしています。( 先程、ウェブカメラを見ましたら、天気予報よりも実際は良いんじゃないかしら…と安堵しました。違っていたら、ごめんなさい。) 東京は猛暑でして、我が市でも最高気温は38度、練馬区は39度の『熱中症警戒アラート』が出されています。(西日のよく当たる我が家は、窓辺の温度計が44度近くまで上がりました!) 昨日、群馬県伊勢崎では40度を超えたそうで…もう、『暑い』ではなく『熱い』ですねー。… では、行ってらっしゃいませー。
………Let's Enjoy………
Posted by なおなお at 2022年06月30日 12:39
なおなおさま、そうなんです、スイスフランは現在ユーロよりも高くなってしまってまして…(泣)。買物の際は150円で暗算してます。計算しやすくなって楽じゃ〜、ともうヤケクソです(笑)。
バート・ラガッツの温泉センターは、スイスの他の場所よりも高いと思います。日本では1,000円以下で日帰り温泉に入ってましたから、とても払えませんよね〜。
コーヒーカプセルはですね、コーヒーメーカーによってそれぞれ規格が違いまして、互換性が無いんです。ネスプレッソは最も普及しているので互換カプセルの種類も多いですが、他にも幾つもの規格があります。「タッシーモ」というのは今回初めて使いました。COOP以外のスーパーでは見つけられなかったので、未だ余り一般的じゃないみたいです。COOPでは24カプセルを11フラン程度で売ってまして、1個あたりの値段は少し高めですね。アパートの事務所から追加でもらった8個分は500円くらいになります。余分に買っても今後のアパートではまず使えなさそうなので、ちょっと厚かましいかなと思いながらお願いしちゃいました。代金を請求されたら支払うつもりだったんですけどね。
引き続き吊橋にご執心ですね〜。エントレブーフ谷は今回行く予定に無いんですが、モステルベルクの方はミーテン山の帰りに寄れればと思ってます。ただこの橋、確か有料でして、それに一方通行なんですよ。ミーテン山の帰りに立ち寄る場合は入口が逆方向になるので、遠回りしてまで渡るかとなると微妙です。遠くから眺めるだけになるかも…。
日本は梅雨明け後に恒例の酷暑ですね。ウチの家族は親戚にご不幸ができて出掛けたようですが、黒服を着て参列するのは大変だっただろうなと思います。どうぞお大事になさってください!
Posted by おーと at 2022年06月30日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: