2022年07月02日

フェルトキルヒ市街散策

セーヴェレン村 Sevelen での滞在最終日ですが、前夜未明に雷雨となり、今朝も雨です。
コロナ禍による入国規制も解消したので、隣国のオーストリアの街へ出掛けてみました。

P1004277.jpg
バスでブックス駅 Buchs へ出て、駅の自動販売機でリヒテンシュタイン・バスの全ゾーン1日乗り放題切符 Tageskarte(半額カードで1人7フラン)を買いました。駅前からリヒテンシュタインのシャーン Schaan 行きのバスに乗り込みます。シャーン駅で乗換えかと思ったら、乗っていたバスがフェルトキルヒ Feldkirch 行きに変わってそのまま出発しました。

P1004278.jpg
国境の税関を越え、フェルトキルヒの旧市街の入口、カッツェントゥルム Katzenturm(=猫の塔)停留所で下車しました。

P1004281.jpg
マルクト(市場)広場。写真左のドラッグストア「dm」でスナック菓子等を、近くの同「BIPA」では安売りされていた電動替え歯ブラシを買いました。買物しているうちに雨が止みました。

P1004283.jpg
マルクト広場の南端にはヨハンニター教会 Johanniterkirche(写真左)が建っています。

P1004284.jpg
ヨハンニター教会の内部。アート作品等の展示場として利用されているようです。

P1004290.jpg
旧市街から見上げるシャッテンブルク城 Schattenburg。

P1004292.jpg
市庁舎 Rathaus。現役の市役所として使われているようでした。

P1004294.jpg
市庁舎の斜め向かいに建つ聖ニコラウス大聖堂 Dompfarrkirche St. Nikolaus。

P1004299.jpg
大聖堂の内部。

P1004302 (2).jpg
ステンドグラスが綺麗でした。

P1004304.jpg
葡萄畑になっている北側の斜面を登り、ヴィルトパーク Wildpark(野生動物公園)へ行きました。

P1004306.jpg
小山の上は高級住宅街という趣き。シャッテンブルク城も下に見えます。

P1004307.jpg
ヴィルトパークの入口近くの柵内にいたシャモワ(ゲムゼ)。

P1004310.jpg
隣には大きな角を持つシュタインボック。カミさんは「山で野生のを見るなら嬉しいけど…」と余り納得がいかない様子(苦笑)。

P1004311.jpg
大きなイノシシもいました。

P1004314.jpg
白いロバも。

P1004316.jpg
シカは最も広い敷地を与えられていました。姿を確認できませんでしたが、ニホンジカも飼われているようです。

P1004318.jpg
旧市街へ戻り、南側のトンネル脇の階段を登ってシャッテンブルク城へ。

P1004319.jpg
シャッテンブルク城の入口から見下ろす旧市街。

P1004325.jpg
城の中庭に面したレストランへ入りました。

P1004323.jpg
生ビールが0.5ℓで4.30ユーロという嬉しいお値段。後で調べたら、名前どおりブレゲンツァーヴァルトのエック村で造られているビールでした。旨かったので私は2杯いっちゃいました。

P1004324.jpg
長さ30pの特大シュニッツェル(カツレツ、サラダ付きで17.50ユーロ)を頼んで2人でシェアしました。ウェイターが「2人で1人前だけ?」と悲しそうな表情をして「ポム・フリも如何ですか?」と言うので頼みました(4.90ユーロ)。でもやはりシュニッツェルは2人でシェアしても満腹でしたね。スイスのレストランに比べれば料金は半額に近く、大満足のランチでした。

P1004327.jpg
レストランを出たら再び雨が降ってましたが、城内の博物館(入場料1人8ユーロ)を見学している間に小雨になりました。

P1004338.jpg
フェルトキルヒ駅へ。駅舎は一部工事中のようでした。

P1004341.jpg
駅前のスーパー「ビラ BILLA」で夕食の食材と明朝のパンを買いました。スイスと余り変わらない値段のものも多い印象でしたが、肉類や卵は格段に安かったです。

P1004340.jpg
駅前のバスターミナルからサルガンス Sargans 行きのバスに乗り、リヒテンシュタインの首都ファドゥーツ Vaduz でセーヴェレン行きのバスに乗り換えて帰りました。

この記事へのコメント
おーと様、おはようございます!
セーヴェレン村とお別れですね。何と、素晴らしく晴れ渡った空が広がっていて、別かれがたいです。ピューンと展望台or近場のミニハイキングにでもお出かけをしてからシュタンスにお入りになったりして…(笑)
昨日はあまり雨にも降られずにフェルトキルヒの町散歩をお楽しみになられて、何よりでしたねー。おーと様のblogを拝見しながら、Google Mapのストリートビューで妄想散歩をさせていただきました。雨にしっとり濡れた建物や石畳…ちょっと薄暗い雰囲気が、より遥か昔の中世の時代へと誘ってくれますね。旧市街の入り組んだ道に迷い込んで、出てきたくなくなりました。カッツェントゥルムのどっしりとした佇まい、穴が空いているように見えますが、大砲の痕でしょうか?おどろおどろしい空気感が漂っています。ヨハンニター教会の時計下の壁画が目を惹きますし、内部にビックリ。市庁舎も昔の建物を大切に保管しながら現役で使っているのも良いですね!ニコラウス大聖堂の天井の、まぁ!素敵なことと言ったら、見惚れてしまいます。(首が痛くなりました。 笑 ) そして、華やかなステンドグラス!うっとりです。あらー、動物園があるのですね。…獣の匂いと『飼われている』と言う状態があまり好きでないので、奥様の御意見、よく分かります。自然の中で悠々と生命を謳歌している野生動物と、どうしても比べてしまって…。あら、シカさんは気持ち良さそう!(ホッ) シャッテンブルク城からの旧市街の眺め…!あらあら〜素敵です。スマホの画面ですと、それこそミニチュアのようですが、この瞳で眺めてみたいものです。おーっ!ビールにカツレツとフライドポテト!!!…パーフェクトな取り合わせじゃないですかー。この大きさならばシェアして丁度良いサイズ感ですよね。(笑) あ…ビール、おかわりしたゃいましたから、夜の晩酌はおあづけでしょうか?(笑)
おーと様、トリフトへはシュピーツからの方が断然近いですよね。本数は限られますけれど(ちょっと朝早いですが…汗)、7:34シュピーツ発→9:16トリフトバーンに到着出来るみたいですよ。(Google Map検索なので正確ではないかも…)…そして、シュタンスからならば、往復で経路を変えてみても楽しいかもしれません。往路はシュタンス→アルトドルフ→ゲッシネン→(スーステン峠経由)→トリフトバーン。移動がそのまま景色を楽しむ観光になりますよね。スーステン峠でハイキングしたいところですが後が押しているので景色だけ…。(おーと様はスーステン峠は行かれたのでしてたっけ?)トリフト、テリヒュッテを堪能した後は、マイリンゲン経由で帰って来る…GAトラベルカードは峠越えポストバスにも有効なのでしょうか?…あれあれ…またまた『妄想風船』が膨らんでしまいました。すみません。(苦笑)
Posted by なおなお at 2022年07月02日 13:19
なおなおさまのご推察どおりで、今朝のようなピーカンの青空を見過ごす訳にはまいりません。少ない時間を使って山の上へ行ってきましたよ。
フェルトキルヒの街へ出掛けた主目的は旨い生ビールを安く飲むことでしたから、カミさんともども大満足でした。やはりビールは地物に限りますね。
昼に随分と飲んで食べたので、夜はアルコールを控えて軽めにすべきところでしたが、スーパー「ビラ」でヴァッハウ渓谷の白ワインと安い豚肉を見つけてしまったのがいけません。結局、夜も豚肉のソテーを食べ、ワインボトルを空けてしまいました(翌日が移動日で残せないものですから…笑)。
スーステン峠に行ったことは未だ無いんですよ。GAトラベルカードは峠巡りのポストバス路線にも有効な筈で、スーステン峠から歩き始めたい思いは山々なんですが、他の目的地との優先順位から考えると今回は残念ながら行けそうにない感じです。
Posted by おーと at 2022年07月03日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: