2021年08月15日

ブリクセン旧市街を散策

今日も晴れて暑い日でした。1週間滞在したブリクセン Brixen(ブレッサノーネ Bressanone)のアパートを退出する日ですが、大家さんにお願いして午前中はスーツケースを納戸の中に置かせていただき、ブリクセンの旧市街を散策しました。

P1026229.jpg
旧市街の北側の入口にあたるゼーベナー門 Säbener Tor。

P1026227.jpg
セーベナー門の北側に建つ精霊教会 Spitalkirche zum Heilig Geist / Chiesa di Santo Spirito の鐘楼。かつて病院として使われていた建物らしいです。

P1026175.jpg
ゼーベナー門の前の広場に食材の露店が出ていました。新鮮な野菜や鱒を売っていて、移動日で買えないのが残念でした。

P1026212.jpg
先日衣料品の露店が並んでいた大聖堂の裏手には、蚤の市が立っていました。

P1026178.jpg
旧市街内の商店街はアーケードや出窓のある建物が並び、良い雰囲気です。

P1026191.jpg
大聖堂の北側に建つザンクト・ミヒャエル(サン・ミケーレ)教区教会 Pfarrei Brixen St. Michael / Parrocchia San Michele Bressanone。隣接する「白い塔 Weißer Turm / Torre Bianca」は旧市街の中でもひときわ目立つ存在です。

P1026185.jpg
教区教会の内部。

P1026205.jpg
大聖堂 Brixner Dom / Duomo di Bressanone。

P1026201.jpg
大聖堂の中はミサの最中でした。

P1026195.jpg
大聖堂の回廊はフレスコ画が見事でした。

P1026193.jpg
回廊に隣接する礼拝堂「聖母教会 Liebfrauenkirche / Chiesa della Madonna」。

P1026202.jpg
大聖堂の隣に建つ市庁舎 Rathaus / Municipio。

P1026209.jpg
大聖堂前広場の南西側に建つ「ホーフブルク Hofburg」。かつて司教が居住していた建物で、今は博物館になっていますが、ワクチン未接種の我が家は残念ながら入館できません。

P1026231.jpg
「ホーフブルク」の北側に「主君の庭 Herrengarten / Giardino dei Signori」という庭園があります。

P1026171.jpg
「ホーフブルク」の裏手に建つ観光案内所。この辺りが旧市街の南端です。裏手にカミさんがお気に入りのドラッグストア「dm」があります(写真右奥)。

P1026218.jpg
アイザック Eisack(イザルコ Isarco)川を渡って東側の旧市街も覗いてみました。

P1026221.jpg
西側より庶民的な雰囲気の街並みでした。写真は守護天使教会 Schutzengelkirche / Chiesa dell'Angelo Custode。

P1026225.jpg
アイザック川の河畔を少し歩きました。

P1026233.jpg
アパートから荷物を引き取り、正午少し前にブリクセン駅前からブルネック Bruneck(ブルーニコ Brunico)行きのバスに乗車。電車の方が早いんですが、乗換えが1回多くなるため、重いスーツケースを運ぶ距離を短くするためにバスを選びました。ブルネックのバスターミナル(写真)での乗換えもスムーズに済み、楽でした。

P1026242.jpg
13時過ぎにプファルツェン Pfalzen(ファルツェス Falzes)村の貸アパートに到着。13時から入室可能と聞いていたとおり、すぐに部屋に案内してもらえました。バルコニーの前には家畜飼料用のトウモロコシ畑が広がり、滞在者共用のプールもあります。ただ、隣の牧草地で人糞を終日散布する作業をしており、日中は風上だったので余り気にならなかったんですが、日が暮れて風が無くなったら結構匂います…。

posted by おーと at 05:44| Comment(10) | ブリクセン(イタリア)

2021年08月14日

ロスコップフを歩く

ブリクセン Brixen(ブレッサノーネ Bressanone)滞在の最終日。午後に山ではごく短時間パラパラと雨が降りましたが、ほぼ終日晴れて暑い一日でした。
フィランダース・アルムのバス停を起点にフィランダースベルクへ登るプランを考えていましたが、前日のハイキングで疲れたため、長距離コースは断念。ロープウェイ利用のハイキングに切り換えました。

P1026022.jpg
前日と同じブレンナー Brenner(ブレンネロ Brennero)峠行きの電車に乗り、同じシュテルツィング Sterzing(ヴィピテーノ Vipiteno)駅で下車。

P1026028.jpg
駅から歩いて村の中心部へ行ってみると、ツヴェルファー塔 Zwölferturm の前後に雰囲気の良い商店街が続いていました。田舎村かと思ったら大間違いで、意外にお洒落な街並みでした。中世には栄えた町だったようです。

P1026033.jpg
なおなおさまから情報を頂戴したとおり、ツヴェルファー塔を潜った先の広場に農産物等の露店が沢山出ていました。毎週金曜にマーケットが立つようです。写真は地元産の林檎ジュースの店です。

P1026039.jpg
村の北外れにある乗場からロスコップフ Rosskopf(モンテ・カヴァッロ Monte Cavallo)行きゴンドラリフトに乗り込みます。1人18.50ユーロの往復切符を買いました。

P1026045.jpg
往復切符を買うと、山上駅から更に別のゴンドラリフト「パノラーマ Panorama」にも乗れます。チェアリフトからリニューアルされたばかりのようで、真新しいゴンドラでした。

P1026048.jpg
ゴンドラリフト「パノラーマ」はロスコップフの山頂直下に着きます。

P1026052.jpg
ゴンドラリフトの山上駅から5分ほど登れば展望台で、ここから見える山々の説明板があります。

P1026054.jpg
展望台から西に見るロスコップフ山頂(写真中央右寄り)。

P1026055.jpg
展望台から北西側の眺め。写真左上の頂がテルファー・ヴァイセン Telfer Weißen(チーメ・ビアンケ・ディ・テルヴェス Cime Bianche di Telves)で、右奥に覗いているのはシュトゥーバイアー・アルペンに属するオーストリア国境のトリブラウン連峰。右下に見える建物群は軽食もできるファルミングアルムの牧畜農家です。

P1026065.jpg
展望台から南東側の眺め。左手前がゴンドラリフト「パノラーマ」の山上駅で、写真中央の谷底がシュテルツィング村。そこから左奥へ延びている谷が前日に行ったプフィッチ(ヴィッツェ)谷です。中央奥はアイザック(イザルコ)谷で、その後方にガイスラー(オードレ)山塊やファーネス山塊等のドロミーティの峰々が霞んで遠望できています。

P1026070.jpg
尾根伝いに歩いてロスコップフの山頂へ。写真左奥にオーストリア国境のエッツターラー・アルペンの峰々が並んでいます。

P1026076.jpg
エッツターラー・アルペン方面のズームアップ。右から順にホッホフィルスト(モンテ・プリンチペ)、リーベナー・シュピッツェ(チーマ・デッラ・キエーザ)、ヒンテラー・ゼーレンコーゲル(チーマ・デッレ・アニメ)、手前のホーエ・クロイツシュピッツェ(プンタ・アルタクローチェ)を挟んで写真中央がホッホヴィルデ(チーマ・アルティッシマ)、左がロートエック(モンテ・ロッソ)です。

P1026078.jpg
十字架の建つロスコップフ山頂(2,189m)まで展望台から5分くらいです。

P1026072.jpg
山頂から眺めるトリブラウン連峰のズームアップ。左から順にプフレルシャー・トリブラウン、クシュニッツァー・トリブラウン、シュヴァルツェ・ヴァント(モンテ・デルフェーロ)、ネルトリッヒャー・ロスラウフ(イル・カヴァッロ)、オーベルンベルガー・トリブラウンです。

P1026080.jpg
展望台(写真中央左寄り)から登ってきた尾根道を撮ったもの。中央後方の山はロルシュピッツェ(チーマ・ロッレ)で、写真右のプフィッチ谷の奥に見える高峰がヴィルデ・クロイツシュピッツェ(ピッコ・デッラ・クローチェ)。写真左奥はブレンナー峠へ通じるヴィップ谷で、その右後方にオルペラー山群が見えています。

P1026095.jpg
オルペラー(写真中央)のズームアップ。右はホーエ・ヴァント(クローダ・アルタ)で、その左奥に覗いている尖峰がシュランマッハーです。

P1026082.jpg
ゴンドラリフトが通じているロスコップフの東斜面はスキー場に最適そうな広々とした草原ですが、西側は急角度で切れ落ちています。嫌がるカミさんを「その下までだと思うから」と言って下らせました。眼下はリドナウン(リダンナ)谷です。

P1026084.jpg
最初の急坂を下ったところから振り返って見上げたロスコップフ山頂。

P1026085.jpg
テルファー・ヴァイセンに向かって尾根道が続いています。

P1026091.jpg
ところがその後も痩せ尾根の登り下りが続き、高所恐怖症のカミさんの怒りが頂点に達しました。写真は歩いてきた尾根を振り返って撮っていて、左奥の黒く見えている頂がロスコップフです。

P1026092.jpg
急峻な岩峰をトラバースするところもありましたが、ここまで来れば先へ進むしかありません。

P1026099.jpg
24番のコースでグルーベン湖 Grubenlacke(写真中央)の畔を通り、写真右の緑の尾根の先にあるロッター峠 Lotterscharte まで登ってからゴンドラリフトの山上駅へ下るつもりでしたが、そちらへの分岐を見落として尾根伝いに進んでしまいました。

P1026100.jpg
尾根上の小さな池(グルーベン湖ではありません)を通り過ぎ、テルファー・ヴァイセンの山腹に見える道を登りました。テルファー・ヴァイセン山頂への登山道(23番のコース)だとは気付かずに…。

P1026103.jpg
コースの誤りに気付いた時には既にテルファー・ヴァイセンの肩近くまで登ってしまっていました。東尾根の上から北側の眺望が開け、トリブラウン連峰をはじめとするオーストリア国境の峰々が眺められました。ロスコップフ山頂からここまで2時間弱でした。

P1026112.jpg
トリブラウン連峰のズームアップ。

P1026110.jpg
トリブラウン連峰の左(西)には白い三角帽子を被ったようなヴァイスヴァントシュピッツェ(パレーテ・ビアンカ、写真中央左寄り)。その左隣はシャーフカンプシュピッツェ(チーマ・デッレ・ペコレ)で、右隣はホーアー・ツァーン(デンテ・アルト)。写真右奥はオーストリア領内のハービヒトです。

P1026109.jpg
その更に左手(西方)。写真右奥がフォイアーシュタイン(モンタルソ)連峰、中央奥がヴィルダー・フライガー(チーマ・リベラ)、左の鞍部に覗いているのがゾンクラールシュピッツェ、左端奥がボッツァー(イル・カプロ)です。

P1026104.jpg
尾根から西に望むテルファー・ヴァイセンの山頂(写真左上)。さすがに登頂する元気は無く、ここから引き返すことにします。

P1026118.jpg
尾根から東に望むツィラーターラー・アルペンの峰々。左がオルペラー、中央奥がホッホファイラー(グラン・ピラストロ)方面です。

P1026117.jpg
上記中央部分のズームアップ。左のロルシュピッツェの背後がホッホフェルナーで、その右にホッホファイラーとホーアー・ヴァイスツィント(プンタ・ビアンカ)が連なっています。写真右奥の峰はグラープシュピッツェ(チーマ・グラーヴァ)です。

P1026102.jpg
草原に座り、グルーベン湖やロスコップフ(写真右)を見下ろしつつ、持参した手作りサンドウィッチを食べました。

P1026130.jpg
オクセン峠 Ochsenscharte まで戻ったところで、歩く予定だった道への分岐も確認できましたが、再度登る元気は残っていませんし、北側のオーストリア国境方面を眺めるという目的自体は達成したので、そこから尾根の南斜面へ下って帰路に就きました(23番のコース)。

P1026131.jpg
写真左上奥の頂がロスコップフ山頂です。写真右に見えているレストラン「クーアルム Kuhalm」に立ち寄って休憩することにしました。

P1026135.jpg
テルファー・ヴァイセンの東尾根から1時間余りで「クーアルム」に到着。テラス席でビール(カミさんはラドラー)を飲みましたが、子供が隣の遊具で遊び回っていたため、カミさんは「気分が休まらない!」と引き続きおかんむりでした…。

P1026142.jpg
快適な山腹のトラバース道を進みます。写真は歩いてきた方向を振り返って撮っていて、中央の樹林帯の上部に半ば隠れているのがレストラン「クーアルム」。上の頂がテルファー・ヴァイセンです。

P1026153.jpg
右手の眺望を楽しみつつ、ロスコップフの東斜面へ回り込んでいきます。

P1026162.jpg
「クーアルム」から約40分でゴンドラリフトの山上駅(往路で「パノラーマ」リフトへ乗り換えた場所)まで戻ってきました。ここにもカフェが営業しています。

P1026163.jpg
ゴンドラリフトでシュテルツィング村へ下山しました。

P1026168.jpg
シュテルツィング村の商店街を通って駅へ向かいました。中央左の建物は市庁舎のようです。

posted by おーと at 05:49| Comment(10) | ブリクセン(イタリア)

2021年08月13日

プフィッチ峠へ

今日も晴れて日中の平地は暑く、夏らしい一日でした。
前日にツィラーターラー・アルペンの峰々を眺められたので、もう少し近づきたくなり、オーストリアとの国境の峠を目指しました。

P1025887.jpg
ブリクセン Brixen(ブレッサノーネ Bressanone)駅からブレンナー Brenner(ブレンネロ Brennero)峠方面行きの電車に乗り、写真のシュテルツィング Sterzing(ヴィピテーノ Vipiteno)駅で下車。駅前からプフィッチ(ヴィッツェ)谷 Pfitschertal / Val di Vizze 行きのバスに乗り換えます。

P1025890.jpg
終点バス停のアンガーヘーフェ Angerhöfe で下車。先ずは北側の上手にあるシュタイン Stein(サッソ Sasso)の集落へ向かうつもりでしたが、プフィッチャーバッハ川 Pfitscherbach の左岸(南側)に沿って谷奥へ向かう遊歩道があり、そちらを進んでも峠へ行ける旨の案内標識があったので入ってみました。

P1025895.jpg
歩き出してすぐ滝を眺められる場所があるなど、気分良くスタートしたものの、先日の大雨の影響でしょうか、遊歩道が川の流れにえぐられた箇所があったり、右岸へ渡ったところからシュタインへ向かう道が(案内標識が無く)分からなかったりして、難航しました。右岸へ渡った後は少し下流へ戻ってから車道で登るべきだったと思います。

P1025909.jpg
シュタインから3番のハイキングコースで登る予定でしたが、結局シュタインには行き着かず、大きく蛇行する1番のハイキングコース(ダートの車道)で遠回りして登る羽目になりました。今日は朝から気温が高く、標高1,400m台の低い場所をウロウロしたため暑さに参ってしまい、時間と体力を大きくロスしました。1つ目のカーブを経て戻って来た場所から3番のハイキングコースへ入り直そうと思いましたが、途中のアルツバッハ川 Arzbach が増水していて渡れず断念。ホッホファイラー小屋への登山道が分岐する2つ目のカーブも通り過ぎてから、ようやく3番のコースに入れました。

P1025914.jpg
森林限界を超え、西側にプフィッチ谷を一望できるようになってきました。

P1025915.jpg
谷の南側に聳えるプレッツェンシュピッツ。その左に見えるグリーダー谷を左奥へ遡った先にホッホファイラー小屋があります。

P1025921.jpg
南東方向に氷河を抱いた山塊が全容を現してきました。中央がフォルデラー・ヴァイスシュピッツ、左がヒンテラー・ヴァイスシュピッツで、その左奥に覗いているのがホッホフェルナー(3,470m)です。

P1025923.jpg
写真右上の峠に向けて最後の登り。写真左の高峰もオーストリア国境に位置するホーエ・ヴァント(クローダ・アルタ)です。

P1025929.jpg
行く手に見えていた建物が峠の山小屋かと思ったら、兵舎の遺構?でガッカリしましたが…

P1025930.jpg
その直後、プフィッチャーヨッホ(ヴィッツェ峠)小屋 Pfitscherjoch-Haus / Rifugio Passo di Vizze に到着しました。アンガーヘーフェから2時間40分ほどかかりました。

P1025931.jpg
山小屋の前には池がありました。

P1025938.jpg
山小屋から数分歩いた先がオーストリアとの国境です。国境のイタリア側に管理棟らしきものが建っていますが、無人のようでした。建物の背後の山はシュランマッハーで、その左がシュタンプフル氷河です。

P1025977.jpg
国境の礎石と、その背後に「オーストリア共和国」の看板。オーストリアのツィラータール側から登ってくるハイカーも多く、皆さんここで記念写真を撮っていました。

P1025942.jpg
国境管理棟?の向かい(イタリア側)には「ヴィンターラウム Winterraum(=冬の小屋)」と書かれた建物もありました(写真右上)。左奥の山はロートバッハルシュピッツェ(クローダ・ロッサ)です。

P1025948.jpg
オーストリア領内へ少しだけ下ってみました。下り道の先にラヴィッツアルム小屋とシュレガイス人造湖が見えます。写真左上の峰はトゥクス谷からロープウェイが通じているゲフローレネ・ヴァント・シュピッツェンで、その右はホーアー・リフラーです。

P1025962.jpg
ラヴィッツアルム小屋(写真右)とシュレガイス人造湖のダム(左上)のズームアップ。

P1025953.jpg
国境付近から北西側に望むシュタンプフル氷河。氷河の末端は後退して岩のように見えます。左上の峰がホーエ・ヴァントで、右上がシュランマッハーです。

P1025975.jpg
プフィッチ峠の周辺には多数の池が点在しています。

P1025967.jpg
池の周辺にも国境の礎石が幾つもあり、そのうちの1つの脇に座って持参した手作りサンドウィッチを食べました。私は折角なのでオーストリア側に、カミさんは国境線上に座りました(笑)。

P1025973.jpg
人懐っこい牛が放牧されている池の畔を周回してプフィッチャーヨッホ小屋(写真左上)へ戻りました。

P1025989.jpg
山小屋で飲み物でもいただこうかと思いましたが、テラス席は満席、セルフサービスの注文カウンターも行列ができていたので、トイレだけお借りしました。

P1025994.jpg
山小屋の前には小さな礼拝堂が建ち、その脇にもテラス席が並んでいます。

P1026002.jpg
帰路は4番のハイキングコースで西寄りに下ります。この道は歩く人が比較的少ないためか、余り荒れていなくて歩きやすかったです。

P1026004.jpg
グリープルアルム方面へトラバースを続ける「4A」のコースとの分岐点。4番のコースはここから谷底を目指して南へ下ります。

P1026010.jpg
往路で3番のコースに入った地点から、3番のコースに合流して下り、シュタインの集落に出ました。プフィッチャーヨッホ小屋から約1時間半で到着しました。

P1026015.jpg
シュタインの集落には2軒ほどレストランがあります。以前はここまで路線バスが上ってきていたようなんですが、今は更に20分ほど下らなければなりません。

P1026021.jpg
アンガーヘーフェのバス停から往路と同じ経路でブリクセンの貸アパートへ戻りました。アンガーヘーフェ停留所に貼ってあったポスターによれば、ここからプフィッチ峠までシャトルタクシーが運行されているようです。但し、早い時間帯の午前2便と午後遅くの1便だけなので、プフィッチ谷に滞在するか峠の山小屋に泊まらないと利用しづらい感じです。

posted by おーと at 05:12| Comment(12) | ブリクセン(イタリア)