2022年06月17日

ゲブリス山へ

(「聖体祭」からの続きです)

P1002246.jpg
聖体祭を観た後、今日は雲が多いですが、近場のハイキングに出掛けます。アッペンツェル駅から10時44分発のトローゲン Trogen 行き電車に乗り込み、ガイス Gais 駅で下車。ガイスは鉄道の分岐点なので大きな駅です。

P1002256.jpg
ガイス村の中心広場(ドルフプラッツ Dorfplatz)に面して北側に建ち並ぶ伝統家屋。

P1002255.jpg
広場の南側に建つ教会。その前に熊の噴水があります。

P1002258.jpg
教会の内部。ガイス村はアッペンツェル・アウサーローデン準州にあり、中心的な教会はプロテスタントです。

P1002268.jpg
村の北側に広がる牧草地の斜面を登っていきます。写真はガイス村を見下ろして撮っていて、左奥の山がホーアー・カステン、右奥は雲に隠れていますがセンティス山です。

P1002269.jpg
山羊を象ったベンチがところどころに置かれています。

P1002278.jpg

P1002279.jpg
ガイス村からゲブリス山 Gäbris を周回するハイキングコースは「ラウラのお気に入りの場所巡り Lauras Lieblingsplätze」と名付けられ、ラウラという名の山羊をテーマにした展示小屋が数ヶ所に設置されています。

P1002280.jpg
ここの小屋は、紐を引くと隣の小屋に吊るされた山羊ベルが鳴る仕組みです。

P1002283.jpg
ゲブリス山頂が近づいてきました。写真右の建物がオーベラー・ゲブリス Oberer Gäbris のレストランです。

P1002289.jpg
オーベラー・ゲブリスのレストラン(海抜1,240m)。アルプシュタイン山群の眺望を楽しめます。ここまでは以前にトローゲン村から歩いてきたことがあります。

P1002297.jpg
山頂から少し東へ下った場所に建つウンター・ゲブリス Unter Gäbris のレストラン。

P1002298.jpg
霞んで写真では分かりづらいですが、北側にボーデン湖が見えました。

P1002300.jpg
更に東進するとゲブリス湖 Gäbrisseeli があります。緋鯉が泳いでいました。

P1002307.jpg
ゲブリス湖の南側にバーベキュー場があり、そこのベンチで持参したサンドウィッチを食べました。

P1002309.jpg
南側に見えるゾンマースベルク Sommersberg へ向かいます。牧草地の斜面を一旦下り、樹林帯を登り返します。

P1002314.jpg
ゾンマースベルクから北のゲブリス山を眺めた図。左の頂の建物がオーベラー・ゲブリスのレストランで、写真右端がウンター・ゲブリスです。

P1002318.jpg
ゾンマースベルクのレストラン。2020年に再建されたばかりらしいです。

P1002325.jpg
ゾンマースベルクから東に見下ろすアルトシュテッテンの町とライン川。

P1002326.jpg
「ラウラ山羊コース」は西へ下ってガイス村へ戻りますが、我が家は牧草地の斜面を南へ下りました。

P1002338.jpg
シュトッス Stoss 駅前に建つ「戦闘礼拝堂 Schlachtkapelle」。右はレストランですが休業中でした。

P1002336.jpg
少し東へ進んだ見晴らしの良い場所に「戦闘記念碑 Schlachtdenkmal」が建っています。シュトッスは1405年にアッペンツェルがハプスブルク軍を撃退した古戦場です。

P1002341.jpg
アルトシュテッテンからラックレールで上ってきたガイス行き電車に乗り込みます。レトロな雰囲気の車両でした。

P1002344.jpg
ガイス駅でアッペンツェル行きの電車に乗り換えて帰りました。

P1002348.jpg
アッペンツェル駅の南側に建つ現代美術館 Kunstmuseum。ゲストカードで無料になるので入ってみましたが、展示品は意外に少ない印象でした。

P1002350.jpg
ガイザー通り Gaiserstrasse のパン屋「ベーリ Böhli」は祝日も開いているので、明朝に食べるパンを買いに行きました。

P1002351.jpg
美味しそうなケーキに目が行ってしまい、林檎のタルトと写真のシュヴァルツヴェルダー Schwarzwälder(サクランボケーキ)を購入。今日は結婚記念日なので、そのお祝いという言い訳にしました(笑)。シュヴァルツヴェルダーは最高の美味しさでした。

posted by おーと at 02:24| Comment(2) | アッペンツェル(スイス)

聖体祭

6月16日のアッペンツェルは聖体祭の祝日でした。朝5時過ぎに大砲が轟いて起こされました。

P1002188.jpg
民族衣装で着飾った村人達が午前8時15分に聖マウリティウス教区教会に集合し、教会の聖母子像や聖画を掲げて目抜き通りを厳かに行進します。

P1002205.jpg

P1002208.jpg

P1002209.jpg

P1002214.jpg

P1002218.jpg

P1002224.jpg
学校前の広場まで行進し、そこでミサが執り行われました。

P1002227.jpg
ミサの進行に合わせて、後方に控えた兵士達が空砲を打ち鳴らします。

P1002234.jpg
ミサの終了後、ロザリオを唱えながら再びランヅゲマインデ広場へ行進が行われました。

P1002233.jpg

P1002238.jpg

P1002241.jpg

(「ゲブリス山へ」へ続きます)

posted by おーと at 00:35| Comment(0) | アッペンツェル(スイス)

2022年06月16日

ホーアー・カステンからフォルスト湖へ

今朝は雲が多かったですが、昼頃から次第に晴れてきました。
「今日は登らないハイキングコースにしろ」とのカミさんのお達しを受け、電車とバスを乗り継いでブリュリザウ Brülisau へ。

P1002043.jpg
9時ちょうど発のロープウェイで再びホーアー・カステン Hoher Kasten へ上ります。

P1002067.jpg
アルプシュタイン山群方面は意外にも晴れていました。

P1002044.jpg
センティス山のズームアップ。

P1002070.jpg
山頂から北側に見下ろすカステンザッテル Kastensattel の峠(写真中央)。4日前にはそこから左手前(南西方向)へ歩いてシュタウベルン小屋を目指しましたが、今日は右奥(北)へ歩いて行きます。

P1002076.jpg
山頂からカステンザッテルまで下って来たところです。

P1002083.jpg
カステンザッテルから少し北へ進んだ場所で振り返って撮ったホーアー・カステン。

P1002053.jpg
道端には草花の種類が豊富で、写真を撮りながらゆっくり歩きました。

P1002056.jpg

P1002066.jpg

P1002073.jpg

P1002075.jpg

P1002089.jpg

P1002091.jpg

P1002093.jpg

P1002094.jpg

P1002092.jpg
舗装された緩やかな下り道を快適に進みます。写真中央に見えるカーモル Kamor の牧畜農家(チーズを販売している模様)の近くを通っていきます。その背後の谷底にはライン川が流れ、川向こうはオーストリアです。

P1002101.jpg
下りの傾斜が増すと、ハイキングコースは蛇行する車道をショートカットして牧草地の中を下ります。正面の山裾はアルトシュテッテンの町で、その後方にボーデン湖が見えています。

P1002106.jpg
遊歩道が車道から離れると、道端の石にペイントされたハイキングコースの標識を塗り直してくださっている小父さんに出遭いました。ありがたいことです。

P1002108.jpg
多くの牛が放牧されているツァプフェン Zapfen 付近。幾つかのハイキングコースが交差していて、慎重に道を選びます。

P1002112.jpg
ライン河畔のディーポルツアウ村 Diepoldsau が運営している山小屋を通過。小屋守らしき小父さんが暇そうに座っていました。

P1002115.jpg
森の中にある池、フォルストゼーリ Forstseeli に到着。上高地の明神池を思い出させるような、静かな雰囲気でした。

P1002116 (2).jpg
フォルスト湖はアッペンツェル・インナーローデン準州とザンクト・ガレン州の境界になっていて、池の中に州境の礎石があります。

P1002119.jpg
池の畔に咲いていた野バラ。

P1002123.jpg
湖岸のバーベキュー施設。使用したアルミ皿や食べ残しのソーセージが放置されていました。後始末はちゃんとやりましょう。

P1002134.jpg
「登り道が嫌なら北のビルトシュタイン礼拝堂経由でエッカーシュタンデン村へ下れるよ」とカミさんに相談しましたが、「短い登り道なら大丈夫」とのことで、当初の予定どおりエックリ Eggli のレストランへ向かいました。写真は途中にあるハイエルン Heiern の牧畜農家です。

P1002150.jpg
エックリのレストラン。羊や七面鳥など様々な動物が飼われていましたが、レストランは本日から7月5日まで休業との貼り紙があり、人影はありませんでした。

P1002151.jpg
テラス席の隣に真新しい木製ベンチがあったので、そこで持参したサンドウィッチを食べました。ベンチにはハイカー向けの案内標識が立っていますが、ヴァイスバート村にあったものを持って来たらしく、表示されている内容はデタラメです。紛らわしいので迷惑になりそうですが…?

P1002152.jpg
エックリのレストランから眺めるアルトマン山(中央)とセンティス山(右奥)。

P1002153.jpg
アッペンツェル市街も見下ろせました。背後の頂はフントヴィーラー・ヘーエです。

P1002158.jpg
エックリからは北のエッカーシュタンデン村へ下ってバスで帰るつもりでしたが、バスの待ち時間が長くなりそうな時刻だったため、30分毎に電車の便がある西のシュタイネック村 Steinegg へ下ることにしました。正面にアルプシュタイン山群を眺めながら、牧草地の中を快適に下れる道でした。写真右奥の頂がクローンベルクです。

P1002161.jpg
左手には本日の出発点であるホーアー・カステンも眺められました。

P1002176.jpg
順調にシュタイネック駅に到着しましたが、13時台は(恐らく昼休みのため)運行ダイヤが1本欠けることを失念していました。次のアッペンツェル行き電車まで40分以上の待ち時間があったので、歩いて帰ることにしました。やはりエッカーシュタンデン村へ下るべきだったですねぇ…。写真はシュタイネック駅前に建つ聖マグダレーナ礼拝堂 Kapelle St. Magdalena です。

P1002172.jpg
聖マグダレーナ礼拝堂の内部。

P1002179.jpg
線路脇のパン屋に立ち寄った後、ジッター川沿いの遊歩道を歩いてアッペンツェル村へ戻りました。市街中心部で韓国人の観光ツアー客に遭遇。アッペンツェルでは未だアジアからの観光客を殆ど見掛けませんが、韓国からの旅行者は回復しつつあるんでしょうか。

P1002183.jpg
明日は祝日でスーパーが休業のため、COOPで買物してからアパートへ戻りました。

posted by おーと at 05:34| Comment(2) | アッペンツェル(スイス)